ささみのチーズはさみ揚げ

1/11 
マグロの山かけご飯
わかめの酢の物
1月11
ゆず君の食べた残りのマグロをご馳走になった。



1/14
親鳥カレー
醤油をかけたワカメ
大根漬け(ばあちゃん作)
白菜にんじんチクワの煮もの
1月14
定番の親鳥カレー。親鳥は味が良いから好き。でも、固いから煮込み料理くらいしか活用できないのが難点だと思う。
肉が親鳥、味は本格インドカレー。





1/15
タラの和風シチュー
ささみのチーズはさみ揚げ
千切りキャベツ(SONEさん作)
醤油をかけたワカメ、白菜にんじんチクワの煮もの(昨日の残り)

1月15
ささみは途中まで切り目を入れて海苔とチーズを挟んでフライにした。淡泊なささみがチーズでおいしくなった。
海苔はちょっと前にマロさんから頂いていたもの。海苔ってどうやって食べていいのか分からないから研究したい。




1/18
アジフライ
茹でたブロッコリー
春雨サラダ
鶏肉のオリーブ煮込み

1月18
春雨サラダが大好きなので、また作った。本当はミカンの缶詰が入ってるのが好きなんだけど。あまり万人受けしないからキュウリと炒り卵と春雨だけの控えめな具にした。

アジフライはSONEさんがさばいたアジをフライに調理。
三角になってないとアジフライじゃない!みたいな 変なこだわりは捨てて、三枚下ろしで作ったら意外とおいしかった。




本当の敵

P1200162.jpg



弟と株式投資の話をした。



銀行に行くと「今後、お金の価値が相対的に下がっていく。だから投資信託をした方がいい」と、すすめられる。
詭弁だと思うので、即答で断ってる。
デフレと言われている昨今。どんどんお金の価値は上がってるはずだ。

例え100万円のお金が10年後に多少めべりするとしても、100万円が0円になるかもしれない投資が得だと思えない。
私たち家族の大切なお金を博打の資金にする訳にはいかない。

弟にそんな話をしたところ「教えてあげるって言って、投資を知らない人をカモにする輩が世の中には沢山いる。気を付けろ。分からないことがあったら俺にきけ」と言われた。

本当にそうだな、と心底思ったので
 「近寄ってくるロクデナシって、あんたの事でしょ」と返事しておいた。



旅情とひらめき

 IMGP7687.jpg


1/28 神室連峰と山形千山文化展に行った。

この時期に新庄へ行くのはちょっと旅行気分だ。

そもそもちょっと遠いし。雪道で時間がかかるし。
morinoさんは年末に一緒に買いに行ったフリースを着ていたし。…色々とよそいきな気分だった。


雪の里情報館内の資料展会場はとにかく寒くて頭が痛くなり5分しかいられなかったので、みんなとはぐれて あたしだけ図書コーナーで本を読んでた。

「コミック&トーク やさしい金融学」という学研の大変ためになる本だった。
そして、突然ひらめいて投資を始めることにした。

旅行気分も味わった上、ひらめきも感じた有意義な1日だった。




狙われたゆず君

P1130141.jpg

弟がゆず君を狙っている。
「ゆず君がいると ねえちゃんは泊りで旅行に行けないだろうから、俺が預るよ」なんて、親切顔して
ただ、あいつはゆず君が欲しいだけなんだ。


ずっと前、飼っていたシロは よく放浪の旅に出る犬だった。何回もいなくなり、その度に河原で保護されてた。
お母さんは「可愛いからさらわれたに違いない」と確信してたけど、

控えめに言って「薄汚れた老犬のシロ」をさらって行く人がいるんだろうか。そして、可愛くてさらっていったのに、なんで河原に一人でいる所を何回も発見されてるのかしら、と不思議に思っていた。


でも、今ならその気持ちが分かる。
ゆず君をさらっていく人は確実にいるし、それは私の弟だ。


ゆず君がゆず君であるということ。

IMGP7243.jpg

ゆず君の1番に可愛い所はどこなのか。真剣に考えた。
人懐っこい所か。はたまた尻尾と手足だけシマシマなところか。顔か。


あれこれ考えた挙句に、ゆず君がゆず君であるということじゃないか。

ゆず君とは何か。
ゆず君は猫だ!
 と、突然ひらめいた。

一番近くにいる理解者SONEさんへ「ゆず君の一番に可愛い所って三角耳の猫だってことだと思うんだよね。耳だよ」と考察の結果を報告。しかし、即座に却下された。




らーめんHOME

東北山岳写真集団・福島の写真展を見るという我が家の年中行事がある。
 1/13に「山の写真六人展2018」をみんなで見に行った

あたしは小朝日の紅葉の写真が一番好きだった。
行ったことがない場所よりも行き慣れてる山の方が自分自身の思い出とあいまって、良く見える。
IMGP7144.jpg




信夫山に登った後、ラーメンHOMEへ行った。
お洒落なカフェ風なお店だった。
P1030588.jpg



冬のラーメンを頼んだ。

塩ラーメンのゆず風味だった。
チャーシューじゃなくて鶏ハムみたいなのがのってる。これは塩気の薄いスープにあってた。
最初、塩分が足りない気がしたけど、ゆず風味があると物足りなさを感じなかった。
P1030592.jpg





好色ゆず君


こんな赤ちゃんみたいな見た目に反してゆず君はすごい女好きで、すぐ女の子に夢中になる

IMGP7224 (1)

外を歩く女の子へ声をかけてさしあげるのは、ゆず君のライフワークの一つだ。
先日、たまには交流したいだろうと 窓を開けて網戸だけにしてあげたら、まんまと女の子のキャッチに成功。
網戸越しに鼻をつきあわせて挨拶をしたらしい。




これが網戸越しに挨拶をした かわいこちゃん。
この子と交流をして以来、ゆず君はちょっと変になってしまい ますます熱心に窓の外を眺めるようになった。
しかし、この寒いのに窓を開放するのはちょっと勇気がいる。もうちょっと暖かくなったらもっと開けてあげられると思う。
P1140147.jpg





顔つきも穏やかだし、毛並みも良いからどうみても飼い猫の様子。
野良ネコだったらまた檻を設置して捕獲しようと思ったけど。残念だったね、お嫁さん捕獲計画は終了。

IMGP7233.jpg



山の希望

PB260106.jpg

最近やけに色んな人から足の心配をされるな、と思っていたら毎回のようにSONEさんのブログ前段にあたしの足が思わしくないという近況が書いてあって驚いた。

SONEさんブログは、写真しか見てない。

良く考えたら SONEさんがネット経由でお友達になった第一号はあたしだ。
SONEさんは色んな人から一緒に行きましょうと誘われるけど、自分から誘う事はあんまりない。
一緒に行こうと言われただけでもレアケースなんだと思った。

だから、なおさら熱心な読者かつファンじゃないといけないはずなのに、内容が難しすぎて理解できず。最初からほとんど読んだことがない。
あたしが興味あったのはSONEさん本人で、SONEさんが連れて行ってくれる山じゃなかった。



「マスさんを連れて行ってあげたいと思っていた山」っていうのも、良くあるフレーズみたいでブログに書いてある事が多い。でも、当の本人は行きたいって言ったかどうだかも、さだかじゃなかったりする。


何が言いたいのかと言うと、明日何処の山に行くのかもあたしは知らないので、リクエストがある場合はあたしを経由しても伝わらない。直接言わないといけないということだ。






ケークサレ

1/13 信夫山へ行った
2年前に行った時は素晴らしい展望と、沢山の神社に驚いた。

初めて行ったときみたいな感激は無かったけど、今回も見どころが多くて面白かった。
展望台が沢山あるから、いろんな角度から福島市内が見れる。
IMGP6930.jpg




途中の公園にいたゆず君似のオブジェ
腹周りの感じと甘えた上目づかいがそっくり。
IMGP7102.jpg







今日のおやつは塩麹のケークサレ
15年くらい前、今ほどケークサレが認知されていなかった時代に暮らしの手帳をみてケークサレを作ったんだけど、今いち美味しくなかった。今にして思えば焼き方が足りなかったような気がする。あと、具が少なかった。
IMGP7036.jpg

塩麹とオリーブ、玉ねぎ入りの生地を焼いた後 ウィンナー、ズッキーニ、人参、ロマネスコ、チーズをのせてもう一回焼く。
しっかり焼いても野菜の水分があるからか、ぱさつかなくてしっとりしてた。

morinoさんからは大福(大福祭り)、

tammyさんからレモンケーキをもらった。
レモン皮入りのタルト生地と上の煮たレモンの食感の違いが良かった。

床ずれ

IMGP6667.jpg
1/7 権現森へ行って来た。

今回は岩笠の岩場に初めて行った。高度感があってなかなか良かった。
写真は何の関係もなく展望台からの眺め。

権現森はシーンとしていて人気がないのも好ましいし、登り口が色々あるから変化があって好きだ。


その後、ニトリへ行ってベットマットを見た。
お父さんが生前使っていたベットマットが劣化したせいで、現使用者のあたしの肩甲骨が痛いんじゃないかと思ったからだ。

介護保険使って床ずれ防止用マットを貸与するように強くすすめる→柔らかいのが良いって言うこと聞かない→ニトリでベットマット購入→柔らかいベットマットに体が沈みこみ、体幹の弱いお父さんは自力で起き上がれず。全く使えない。
 という 思った通りの流れで使われなかったベットマットなんだけど、自分が寝てみたら良い具合だったのでかれこれ3年愛用してた。

今使ってる5千円くらいのベットマットを買おうと思ってた。しかし、5万もする床ずれ防止用マットを見慣れているせいか、なんだかピンとこない。結局買わなかった。

家に帰ったらSONEさんが、敷き布団とベットパットを重ねてものすごく分厚い敷き布団を作ってくれた。
それに寝たらなんだか肩甲骨も痛くならなかったから、買わなくて良かったのかな。