2015_08
08
(Sat)22:44

氷上山

8/2 氷上山へいった。ハスを伊豆沼に観に行くのでそのついでに山に行こう、と言う計画
こういう低い山を真夏に登る人はあんまりいないだろう。連日の猛暑続きの中だけど、あたしはさほど苦じゃない。


切通しを歩く。
小さい山なのに何個も社があった。信仰の山なのだと思う。
IMGP7212.jpg


今日はキノコ観察会も兼ねている。こういう切通しのあるところはチチタケが良くはえる。
でも、今回はチチタケは1つだけ。同じ出汁の美味しいキノコとしては緑青ハツタケもある。これまた腐ったのが1本だけはえていた。
ヤマドリタケモドキらしきものは沢山はえていたが、イグチは自信がない。全部同じに見える。
こんな時、イグチに詳しいみどぽんさんがいてくれたら、と思った。





センジュガンピ
IMGP7255.jpg





祈祷ヶ原のネジバナ
祈祷ヶ原が日当たりの良い草原になってるせいか沢山咲いてた。
IMGP7246.jpg








立派な避難小屋。
小屋の前にキャンプ場みたいな炊事場まである。
P1010643.jpg





小屋の中も立派。 趣があるストーブ。
大なべもあったから、秋にはみんなで豚汁会でもするんだろう。

外はアブとハエだらけ。酷いことになってる。とてもおやつを食べられる環境になかった。
小屋があって本当に助かった。マンゴーのムースケーキとシソジュースで一服した。
P1010644.jpg
2015_08
04
(Tue)20:45

伊豆沼のハス

8/2 氷上山へ行った後、昼頃 伊豆沼へ遊覧船に乗りに行った。
船酔いのひどいあたしでも、沼は平気。安心して遊覧できる。

おととしは長沼へハス見物へ行った。
あの時も楽しかったけど、今回は規模が違う。

遠くまでずっとハスだらけ。
IMGP7282.jpg





ハスはきれいだけど、沼って言うのはどうも恐ろしいイメージがある。
ハスの合間の水路を船でかき分けながらすすむ。探検気分で楽しかった。

臓物料理 032





ハスは今が見ごろ
IMGP7286.jpg





帰りに大好きな伊豆沼のサンクチュアリセンターにも行った。
職員さんから積極的にサンクチュアリセンター開催イベントの説明を聞いた。(あたしは積極的な時とそうでない時、緩急があるのだ)



ちょっと行かないうちに展示が変わっていた。
参加型?質問形式の展示になってた。 いちいちめくって答えを見るのがめんどくさいので、全部最初から書いておいて欲しい。

考える力をやしなう展示。
臓物料理 038





1階は地面が空港写真になってる。
鳥気分ですな。しゃれてる。
こういうのは好き。
臓物料理 037




2015_07
29
(Wed)07:00

前沢曲家集落

田代岳へ行った後、前沢曲家を見に行った。
300円を払って入村する。



入り口付近の川
ヤスで魚をついて、水遊びしたら楽しそう。でも、意外と深そうだ。
えすかるご 071



資料館
えすかるご 072




資料館内部
あたしは草屋根の家にノスタルジーを感じる世代ではない。
草屋根、土壁の家に住んでる人も地元にちらほらいるから、さほど感激がなかったけど、こうやって中に入ってトロトロ艶々してる床をさわると、おーってなった。
えすかるご 073
屋根裏でおかいこさまを飼ったり、タバコの葉をつるして囲炉裏の火で乾燥させたりしたんだろうか。
資料館にいた方へ聞いたらやっぱり蚕をかっていたそうだ。前沢地区は寒い豪雪地帯だから1回だけとれる。
蚕って最高でも年2回しか繭をとれないと思っていたら、温暖地では4回も取れるって教えてくれた。






山里のご馳走はやっぱり鯉なのかな
えすかるご 075









小さい集落のあちこちに無人販売があって楽しかった。
これは無人ハチミツ売り。
今までの人生で無人ハチミツ売りにであったのは初めて。そしてこれが最後じゃないかと思う。
えすかるご 081





資料館以外は民家だから入れない。
どこの家もお庭に花が咲き乱れ、綺麗に手入れされていた。
えすかるご 082

豆腐屋さんが売り切れで豆腐が買えなかったのはちょっと残念だった。








トマトソフトクリーム
最近恒例のご当地ソフトクリームシリーズ。今回はトマト。
南郷トマトって有名らしい。夕方に産直へ行ったら売り切れで残念。道の駅きらら289でソフトクリームだけ食べた。

味の方は賛否両論。トマト味はいらないという人、トマト味が絶品だという人。トマト味を感じなかったあたしのようなボンクラと。
えすかるご 083







三倉山へ行った時、みどぽんさんが教えてくれた白河ラーメンの人気店は夕方には当然もう終わってるよねっていうことで、
行き当たりばったりに白河屋に入った。
えすかるご 087






手打ちの麺が美味しかった。
手打ちの麺って本当に美味しい。細いところと太いところがあって、全体に歯ごたえが強すぎないところもポイント。
あたしは田舎そばみたいなああいう固い手打ち麺が嫌いなのだ。

以前に食べた白河ラーメンとも違いすぎて、白河ラーメンの定義が把握できないけど、これはありだな。
えすかるご 086






2015_07
25
(Sat)23:25

栗駒山

7/20 栗駒山へ行ってきた

地震の後、通れなくなってた表掛コースから裏掛コース周回。
栗駒山は人が沢山いるイメージしかなく、さほど好きな山じゃなかったけど、前から興味のあったコースだ。


沢を歩くといつも落っこちてずぶぬれになる。
ケーキは持参しなかった。
みんなタイツに半ズボン姿の中、あたしは転んでも怪我が最小限になるようにズボン着用。
P1010487.jpg
でも、今回は沢歩き程度で滝を登らなかったから落っこちずにすんだ。
無事に乗り切ってよかった。





震災って言うのは東日本大震災の前、2008年の栗駒地震のこと。
おととしから表がけコースが歩けるようになったらしいけど、あんまり歩く人がいないのか御室下の雪渓のあたりはヒナサクラが足の踏み場がないくらい咲いていた。
P1010533.jpg





雪渓を登る時 慣れない人へ何か有意義なアドバイスをと思い、あれこれ声をかけたものの、
全く伝わらなかった。かろうじて雪渓は四つんばいで歩くべからずということだけ なんとなく分かってもらえた。


感覚を言葉にしてもうまくいかない。

わが身を振り返れば、今年、翁峠へ行った際、足場の悪い急坂をかんじきで下りた時、SONEさんから「まっすぐに足を踏み込むように」と大声で指示がとんだ。が、私に向かってまっすぐなのか、SONEさんにむかってまっすぐなのか、それとも山に向かってまっすぐなのか。

スキー練習に行った時も「はの字になるように足を広げて」と、言われたけど、 平仮名なのか、カタカナなのか、漢字なのか。
ああ、カタカナと漢字は同じだよね? 違うか? と、どうも言葉の意味にこだわりすぎ。共感して想像するところまで行き着かなかった。
P1010593.jpg







これまで見た事ないくらいの数のトキソウが咲いていて感激した。
小さくて可愛い。
P1010561.jpg



信仰のための古い道だとか、雪渓がある、お花畑がある、人が来ないっていう点では月山の岩根沢コースを思い出した。
岩根沢も大好きだけど、栗駒の表がけ裏がけ周回もとってもいいところだった。



2015_07
22
(Wed)07:51

万葉の森

7/19昭和万葉の森へキノコ観察へでかけた。

山ゆり祭りを全く知らないで、たまたま来たわりにちょうど満開。

じん 067





山百合が自然にこんなに沢山生えるって素晴らしいことだ。
すっかり感心してしまった。来てよかった。
じん 049






公園内で蝉とりしてる家族連れが何組かいた。

よく「イマドキの子供がみんなで集まってゲームしてるのが理解できない」という話をされる。あたしはその都度、適当に相槌を打っている。しかし、その実 あたしはゲーム世代ど真ん中。ファミコン、スーパーファミコン、プレイステーション、ゲームボーイ…全部夢中になった。友達と一緒にゲームするなんて超楽しい。何時間もみんなでゲームやってた。

イマドキ子供は一周回って虫取りを楽しむようになったのかな。


ハグロトンボ
じん 051

せみ、巨大ななめくじ、ヤマカカシ(へび)、かなちょろ、と 色んな動物がいて楽しかった。全部の動物の近くへ寄って眺めようとしたけど、なめくじ以外からは逃げられた。





コオニユリ
じん 075




万葉の森から万葉クリエートパークまでは続いている。
クリエートパークの大賀ハス
じん 094

昭和万葉の森でゆりやアジサイを眺めてからクリエートパークへ行き、ぐるっと歩くと1時間半くらいかかった。
炎天下だったこともあってけっこうな運動になった。
あたしはてっきりヤブをこぐんだと思い、山歩きの格好。しかも長靴できていた。パンプスの人もいる中ですごく浮いてた。




肝心のキノコ


典型的なタマゴタケ
あとで美味しくバターソテーにして頂いた。
じん 084





ドクササコと看板がかいてあったキノコ。
オオワライタケじゃないかとSONEさんと話しあった。どうみてもオオワライタケにみえた。

じん 085




夏キノコにはまだ早かったけど、公園内は見所が沢山あって面白かった。



«»