たまて箱

更新が滞っている間にパスワードを忘れてしまい、酷い目にあいました。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. 庭の花
  2. tb: 0
  3. cm: 4
  4. [ edit ]

ラベンダーの移植

6/27
お父さんのお墓参りの途中、花屋で買ったデルフィニウムが根ずいた。

これは宿根草だから期待している。
第二砕石地を新たに開墾拡張したところに植えた。
IMGP6074.jpg




バーバスカム
こうやって一部分だけ取り出してみると可愛いんだけど、背丈が1mにもなる非常にワイルドな花だ。
これはハーブの一種なので食べられるらしい。そして、健康にもいいらしい。
でも、別名ビロウドモウズイカというだけあって、なにやら毛のようなものが生えている。とても口に入れる気になれない。
u0-cus-d4-83b4e5f7a6d03b0990ee28479ad3d025^pimgpsh_fullsize_distr







瀕死のラベンダー
3株植えたラベンダーの内、柿の木下に植えた株が瀕死になってる。
今年で3年目?かな。
坦々麺 044





カラッとした水はけと日当たりのいいところに植えたほうが良いんじゃないか。

ただ死を待つよりも打って出るべき、ということになり
SONEさんが土ごと第一砕石地へ移植してくれた。
坦々麺 050
上手く行くといいなぁ。







庭仕事見学中のお二人。

以前、ハナちゃんが野良猫だった頃、網戸ごしに庭から家の中を見ていたことがあった。
あの時の相棒はスコティッシュホールドの野良猫。あの時も一緒に家の中を覗き込んでいた。

今は逆に家の中から庭を見ている。
お友達もゆずくんになった。

ハナちゃんの生活の変化に、ちょっと感慨深いものを感じた。
坦々麺 049







  1. 庭の花
  2. tb: 0
  3. cm: 2
  4. [ edit ]

ニゲラ

今回は特派員からの写真でお送りします。


しばらく行っていないうちに庭が雑草だらけになってるんじゃないかと心配していたら、SONEさんが草刈り機で全体的に刈った後に手でむしってくれたそうだ。



ニゲラ
これは一番最初に砕石地に巻いたワイルドフラワーの種にまじっていたニゲラ。
ニゲラは1年草なので毎年種で更新している。
IMGP6079.jpg



ニゲラは発芽率がとてもいい。ちょっと深めに植えるのがポイント。
白いニゲラ
IMGP6080.jpg




紫色のニゲラ
ニゲラは形が面白い
IMGP6077.jpg





知らないうちに増えているノコギリソウ
もともと庭にあったノコギリソウがどんどん増えてる。庭がノコギリソウだらけになっちゃうから時々間引いてる。
IMGP6060.jpg






うつぼ草も、もともと庭にあったものが増えてきた。
IMGP6071.jpg




ホタルブクロ
周りの雑草をとりのぞき、時々粒の肥料をまくだけ。どんどん増えてる。
u0-cus-d2-5260914e19b91fd4dab4ba2dc7f6f515^pimgpsh_fullsize_distr
けっこう背が高い花だから見栄えがする。







  1. 庭の花
  2. tb: 0
  3. cm: 2
  4. [ edit ]

ばらの挿し木

岩根沢 006
よくバラを頂く。
切り花に興味がないから自分で持ち帰ったことってなかった。
棘のある花って仏壇にお供えできないし。



今回は挿し木にチャレンジ。4本だけ持ち帰った。

葉っぱが5枚ある部分の下から切るといいと聞いた。とりあえず、葉っぱの下15cm~10cmでカット。

ばら 001



まる1日、マグカップに挿して給水させた。
ばら 002





もらった赤玉土があった。鹿沼土が良いってバラの本に書いてあったけど、とりあえず赤だま土にさす。
ばら 031

挿してからバラの本をよく読んだら、切り口ははさみで切ったままにせず剃刀でけずっておくと記載があった。
あーあ。はさみで切りっぱなしで挿しちゃったよ。

まぁ、今回は赤玉土使用だし。このままでどうなるか試して見るか。





  1. 庭の花
  2. tb: 0
  3. cm: 2
  4. [ edit ]

砕石開拓地

6/10 ばあちゃんがめでたく退院した。

入院してまもなくベット脇に徘徊センサーが設置されていた。ベット柵は4本だ。勝手に下りないようにベット柵で拘束してあるわけだ。

ばあちゃんは人の言うことを絶対聞きたくないだけで、認知症ではない。
「センサー設置されてるよ」って家族で笑い話になった。




これは1週間前くらいの、砕石の開拓地にまいた種から育てるシリーズ



ジキタリス
苗を買ってきて普通の土に植えたジキタリスよりも立派な株になった。
ジキタリスって乾燥した荒地に植えたほうがいいのかな。

砕石地を耕し始めた当初は、「そんなところに植えても無駄だ」「あちこち耕して、あちこち種を蒔くのはやめてよ」と、無理解な批判にさらされていた開墾活動も、ここにきて実を結んできた。

たけのこおこわ 057







黒なでしこ
最初はまばらだった なでしこも、大分はびこってきた。
いらない雑草をとりのぞき、時々固形の肥料をまいてる。
このお世話はまちがってないようだ。良かった。
たけのこおこわ 028





たけのこおこわ 056







キンギョソウ
これは2年目の株。
キンギョソウは雑草並みに強いイメージだったから期待していた、わりに根づいたのは2本くらいだった。
でも、去年よりもだいぶ大きくなってる。

たけのこおこわ 030

キンギョソウの後ろにチラッと写っているのはカモミール。
カモミールも増えてきた。

知らないおじさんから庭先のカモミールを頂いたり。種で植えたり。
あと何年くらいかかるか分からないけど、カモミールの繁茂する良い匂いのする庭にしたいものだ。






  1. 庭の花
  2. tb: 0
  3. cm: 2
  4. [ edit ]

エビネ

エビネが今年も咲いた。
エビネは華やかで良いね
P1010113.jpg





シラン
不慮の事故によってシランは庭から絶滅したかに思われたけど、3年目にして復活した。
同じくアクシデントに見舞われたアスチルベが不幸にも完全に死滅した事を考えると、シランは丈夫なんだと思う。
P1010119.jpg



毎年庭の除草ターゲットを決めて重点的にやってる。
3年前はどくだみ。2年前はフランス菊。去年はカラスノエンドウとフランス菊。今年はヤブマメ。
どくだみの除草については上手く行ってるとはいいがたく、いたちごっこが続いてる。
結局、土を掘ってどくだみの根っこを取り除くほかない。
ヤブマメもどうやら地下に種ができるようだ。ヤブマメも掘るしかないのか。

だいたい庭が広すぎる。毎週末 3時間草をむしっても全然おいつかない。

葛やヘクソカズラ、すすき、藤、イバラ、笹と里山みたいな植生でいらないのが生えてる。
これらは庭を荒らす。片っ端から切るしかない。
時々、松の木やもみじも はえて来るけど、これ以上木が増えたら庭が林になってしまう。松ともみじも駆除対象だ。




深く考えずにコツコツやっていけば、そのうち形になるかな。
右の足と左の足を交互に出していくと山頂に着くのと同じように。








<<NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

プロフィール

マス1110

Author:マス1110
・アクセスカウンターは2014.12.8から設置です。

・愛読書はおかずのクッキングです。
・趣味はしいて言えば草むしりです。
・写真はコロちゃんです。平成元年生まれ。平成16年没。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。