ラベンダーの移植

6/27お父さんのお墓参りの途中、花屋で買ったデルフィニウムが根ずいた。これは宿根草だから期待している。第二砕石地を新たに開墾拡張したところに植えた。バーバスカムこうやって一部分だけ取り出してみると可愛いんだけど、背丈が1mにもなる非常にワイルドな花だ。これはハーブの一種なので食べられるらしい。そして、健康にもいいらしい。でも、別名ビロウドモウズイカというだけあって、なにやら毛のようなものが生えている...

Read More

ニゲラ

今回は特派員からの写真でお送りします。しばらく行っていないうちに庭が雑草だらけになってるんじゃないかと心配していたら、SONEさんが草刈り機で全体的に刈った後に手でむしってくれたそうだ。ニゲラこれは一番最初に砕石地に巻いたワイルドフラワーの種にまじっていたニゲラ。ニゲラは1年草なので毎年種で更新している。ニゲラは発芽率がとてもいい。ちょっと深めに植えるのがポイント。白いニゲラ紫色のニゲラニゲラは形が面...

Read More

ばらの挿し木

よくバラを頂く。切り花に興味がないから自分で持ち帰ったことってなかった。棘のある花って仏壇にお供えできないし。今回は挿し木にチャレンジ。4本だけ持ち帰った。葉っぱが5枚ある部分の下から切るといいと聞いた。とりあえず、葉っぱの下15cm~10cmでカット。まる1日、マグカップに挿して給水させた。もらった赤玉土があった。鹿沼土が良いってバラの本に書いてあったけど、とりあえず赤だま土にさす。挿してからバラの本...

Read More

砕石開拓地

6/10 ばあちゃんがめでたく退院した。入院してまもなくベット脇に徘徊センサーが設置されていた。ベット柵は4本だ。勝手に下りないようにベット柵で拘束してあるわけだ。ばあちゃんは人の言うことを絶対聞きたくないだけで、認知症ではない。「センサー設置されてるよ」って家族で笑い話になった。これは1週間前くらいの、砕石の開拓地にまいた種から育てるシリーズジキタリス苗を買ってきて普通の土に植えたジキタリスよりも立派...

Read More

エビネ

エビネが今年も咲いた。エビネは華やかで良いねシラン不慮の事故によってシランは庭から絶滅したかに思われたけど、3年目にして復活した。同じくアクシデントに見舞われたアスチルベが不幸にも完全に死滅した事を考えると、シランは丈夫なんだと思う。毎年庭の除草ターゲットを決めて重点的にやってる。3年前はどくだみ。2年前はフランス菊。去年はカラスノエンドウとフランス菊。今年はヤブマメ。どくだみの除草については上手く...

Read More