2015_05
25
(Mon)07:15

時計

2ヶ月前、弟からチプカシを見せてもらった。
よくホームセンターで売ってる千円~3千円くらいのカシオ時計をチプカシというそうだ。
サブカルチャーにずいぶん疎くなってしまった。全然知らなかった。


どこら辺が魅力なのか聞いたところ、
Gショックはしばらくゴムをかませて防水していたけど、経費削減でプラスチックを使って防水するようになった。
ゴム時代にGショックを作っていた職人達が作るようになったのがチプカシだ。チプカシはGショックなんだ。
だから俺はチプカシを選ぶ。
という説明だった。

そういう思考の飛躍、嫌いじゃない。

あたしもひとつ買い求めることにした。

ムサシが聖地だというので天童へ。ながめて見たけど、ぴんとこなかった。
次にチャンピオンへ。ムサシで千円だったチプカシが2千円で売ってた。
「良く見ろ、2千円は青いラインが入ってるだろ」と言われて初めて違うものだと気がついた。

決めかねていると今度は東根のジョイへ行こうという事に。
こんなことなら一番最初に決めておけば良かった。この後悔は、わざわざ東根に行かねばならないという事に対しての後悔だ。だんだんめんどくさくなってきた。


東根のジョイで購入。
時計 121

というか、これ寒河江のジョイでも売ってるそうだ。やっぱり東根に行かなくても良かったんじゃない!




腕時計はベルトがワッカになってないと一人で上手くつけられない。弟からつけてもらう。
一人でつけられるように練習しないと。



山用にはBARIGOを持ってる。あれは岩にぶつけて傷だらけになってしまった。
時計 110

あたしは体が大きいから男物のMも着れる。でも、さすがに腕はヒョロヒョロ。男物の時計はどうもかっこ悪い。
チプカシがカッコ良いかは個人の主観によるだろう。とりあえず、薄いから邪魔にはならなさそう。一応防水だし。
今度山でつけてみよう。






2015_04
29
(Wed)00:35

山の装い

SONEさんがテレビに出ることになった。
テレビに出てる山のガイドさん達はよくマムートやアークテリクスを着てる。

いつものボロを着てテレビに出るわけには行くまい、さりとて高級な山の服を新調し張り切って出かけるのは気恥ずかしい。





モンベルで山のシャツを購入した。
モンベルだったら丁度良い塩梅じゃないか。

ついでに自分用に魑魅魍魎みたいなのが描いてあるTシャツもかってきた。
ここ何年かは畦地梅太郎おしだよね、モンベルって。
岳人の表紙までもが畦地梅太郎の版画になった時は愕然としてしまった。
kfc 005





ナカシィさんに頂いたおしゃれ手ぬぐい
人が違った様になってしまうので、これもせっかくだけど見合わせることにした。

あたしは春から秋まで手ぬぐいを首に巻いて山を歩くことに決めてるので、この手ぬぐいはあたしは有り難く使わせていただきます。
kfc 057





2015_04
28
(Tue)23:45

パーマネントリペアシート

冬用のスパッツは分厚いからちょっとやそっとじゃ破けないようになってる。

それでも、軍沢岳へ行った時 思い切りアイゼンに引っ掛けてしまったみたいで切ってしまった。


あさりご飯 020





3cmくらい切れた。

kfc 013







7年も使ってるスパッツだけど、迷わず繕う事にした。
モンベルで売ってる「ゴアテックスパーマネントリペアシート」の登場。
クロッカス 002







①スパッツの裏側から糸で穴を縫う ②リペアシートを切る、つくろった穴の上にシートを置く
③あて布をしてアイロンをかける
kfc 014
多分、男の人の力じゃなくても、あたしがアイロンを当ててもくっついたかも。
ただ、スパッツは生地が平らじゃないから強く押したほうがいいんじゃないかということになりSONEさんがアイロンをかけてくれた。





このようになる。もちろんこれは裏側。表側からみるとちゃんとくっついてた。
kfc 015



パーマネントリペアシートは色が銀色。ゴアテックスの雨具の裏側生地ってこんな素材だった気がする。
あれがそのままアイロンで圧着できるようになったということか。



実際に山で使ってみたところ、雪山を10キロ以上歩いても漏れなかった。
渡渉もOK!


優秀だった。









2015_03
05
(Thu)07:34

新しいカメラについて

スマホがでまわるようになってから、デジカメは高級路線になったような気がする。
あたしのようなライト層はスマホで写真を撮るからわざわざデジカメ買わないんだろうね。

SONEさんから借りてるカメラはある日気がついたら2回に1回しかズームがきかなくなってた。
そのうちに、だんだん5回に1回…10回に1回…とズームが利くほうが珍しくなり、ほとんどズームができなくなった。

一言で言えばぶっ壊れてる。

壊れたカメラで気にせず撮影していたんだけど、ある日 料理を撮る時はレンズが曇るからカメラそのものを料理に近づけないでズームで撮るか、トリミングしたほうがいいとmorinoさんからアドバイスを受けた。
トリミングのやり方についても教えてくれたけど、意味が良く分からなかった。


そこで、このたびズームができる新しいカメラを買ってもらう事にした。



OLYMPUS STYLUS XZ-10
u0-cus-d1-cb45458f299443a786afe6f1e8895839^pimgpsh_fullsize_distr






ハナちゃんも明るくきれいに撮れる
新しいカメラ 011






つまらない人参と水菜のサラダもこの通り。美味しそうにとれた。
料理のつやとか瑞々しさが上手く撮れる気がする。
新しいカメラ 006





テーブル下の暗いところでもはっきりとれる。
新しいカメラ 026





接写も1cmまで近寄れる。カメラもだけど1cmの近さまで近づいても平気でいるハナちゃんもなかなかのものだと思う。
新しいカメラ 034





背景をぼかしてとれるっていうのは今までなかったので、とても楽しい。
新しいカメラ 022



もともとカメラにも写真にも全く興味がない。山で撮る写真も1枚か2枚きりで、よほどのことがないと写真撮らないことにしてる。でも、せっかくカメラも新しくなったし、山で写真を撮って見ようかと思う。

2015_02
24
(Tue)23:49

日焼け止め

この前、蔵王に行った時にファンデーションが粉々になった。
特に雪山は日焼けがひどいから必ず日焼け止めを塗った後にスポーツ用ファンデーションを塗って、
フェイスマスクもしてる。

そういえば山で化粧直ししてる人って見かけない。塗っても汗で流れるから最初から塗らないって言う人が多い気がする。


あたしはあんまり汗をかかない。低体温・低血圧。ついでにテンションも低め。
夏でもひんやり、ひえきってる。




こういう天気の時の雪山は最高だけど、すごく焼ける。
鼻の頭や頬、顔の高いところが特に焼けて皮がベロベロむける。
u0-cus-d1-93992dd6bb774c4cb1e7ad48c16c1669^pimgpsh_fullsize_distr





u0-cus-d3-e8decbd664d6414299f97adf9b36a1eb^pimgpsh_fullsize_distr







日焼け止めはカネボウのアリーって決めてる。
あんまり汗かかない体質なもんだから実際、どの程度の実力のあるファンデーションなのか良く分からない。
でも、資生堂のアネッサで肌荒れしたことがあるので、肌荒れしないだけでもいいかなと思う。
肌弱くて化粧品を色々と使えないのだ。
150545_xl.jpg






カネボウのファンデーションならコンパクトは共通でつかえる。これはコフレドール。
アリーのコンパクトはどうも可愛くなくて駄目だ。

ぼっけのなめろう 052


アリーのファンデーション本体は2千円。コフレドールのコンパクト、つまりただの入れ物は千円だった。

よく、原価を考えれば化粧品は高すぎるという意見がある。
でも、フラシーボ効果というものもある。
あたしは、特に化粧品なんて女の夢の塊なんだからせめてパッケージだけでも可愛く、という考え。