厄払い



料理教室 129

おとといは厄払いにいってきた。
本当は正月から節分までの時期にお払いするものらしいんだけど、都合が悪くてちょっと遅くなってしまった。

電話で予約して神社へ。



料理教室 131
待合室には今年の干支の馬や掛け軸がかざってあった。
皮?リアルな馬だ。

先客がいて少し待たされた。意外とお払いする人いるもんだな。



お払いしてくれる神主さんは女の神主さんだった。
前厄、本厄、後厄と毎年お払いしないといけないのか聞いたら「一度お払いすれば何もなかったらお払いしなくていい」そうだ。


お払いした後に絵馬をもらった。
料理教室 136

厄の部分をくりぬいてこの箱に入れれば「厄落とし」ということらしい。
しゃれてる。
料理教室 135





絵馬のほかにも、破魔矢・箸・お札・お守り・するめと酒・小さい皿ももらった。
小さいお皿は何に使うのか神主さんに聞いたら、水を入れて神棚にお供えするとか 好きなことに使っていいそうな。
前回、厄払いしてもらった時は合格祈願の鉛筆と鉢巻も入ってたけど、今回は入ってなかった。
というか、前回の鉛筆と鉢巻が何で入っていたのか。不思議。
料理教室 137

あたしはわりと信心深いので毎年お守りを買って財布に入れて持ち歩いてる。
去年のお守りは神社に帰して、今回もらった新しいものを財布に入れることにした。

ここ何年かはずーっと厄年が続いてる。
でも、お払いもしてもらったし心機一転しようと思う。

スポンサーサイト
伝七 | Home | こしあぶら三昧

コメント

No title

厄払いでこんなに沢山のお土産?貰ったらあまり利益はないだろうね。
商売っ気ない地域に密着した神社だと分かるよ。
でもタイミングよく厄払いできて良かったね。

2014/02/12 (Wed) 18:40 | SONE #QVCxQ8ys | URL | 編集
SONEさんへ

イカやお酒はお下がりって言うらしいよ。
神様にお供えしたものを下げて持ってくるから「お下がり」。

八幡様はお祭りも盛大だし、氏子が沢山いて経済的にうるおってるのかもね。

葬式の時に、頼んでないけど神主さんが我が家に来てお払いして行ったよ。
毎年人形も置いていくんだよ。

どうやら氏子になってるらしい。

2014/02/13 (Thu) 00:15 | マス #XzZXkw7U | URL | 編集

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ