2017_01
09
(Mon)18:42

レヴェナント

IMGP3415.jpg


SONEさん絶賛のレヴェナントをDVDでみた。
あたしは、序盤のインディアンと白人が殺し合うシーンからして、うけつけなかった。ディカプリオがグリズリーに襲われるシーンもリアルすぎて気持ち悪くなった。
全編、不穏でピリピリした空気感に包まれた救いのない映画で、息苦しくって全然楽しくなかった。

息子が白人に殺された主人公は、死に場所を探してる。
復讐が終わったら死んでもいいと思ってる。でも、生き残ってしまった。

むしろ、息子を殺した仇と刺し違えて死んでしまったら、死ぬことで我が意を得たんだな、と無理にでも納得することが出来たけど、これはどういう意味なのかなぁと観る人に任せる様な最後になってた。

主人公にはどう考えても絶望しかない。ますます嫌な気持ちになった。


翌日に見たティム・バートンのコープスブライドは良かった。唄と踊りで夢いっぱい。楽しかった。
あたしは、ストライクゾーンが狭いんだと思った。



スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック