アプリコットパイ

8/24 六十里越街道:松根~田麦俣
前回は志津から田麦俣まで歩いた。

今回は前回の続きだ。


いかにも旧道の山道歩きという風情があった前回と比べて今回は車道歩きも長くSONEさんと2人きりでウォークラリーをしている気分になった。
旧道と作業道と公道が交錯して、かえって道を見失う場面もあった。

それでも、ところどころにある史跡を眺めながらそぞろあるのは楽しい。



アプリコットノタルト 031



行くところ行くところで、看板にいわれがきちんと書いてある。
「秋田藩中の人々によって建立。
他藩の者が領内で石碑を建ててはならぬ、との事で、秋の字の脇に『木』の文字を伏して、事態を収拾したと言う。」

こういうのがあると史跡めぐりも楽しい。
アプリコットノタルト 033





大滝にも行ってみよう、と気軽に来てみたのはいいけれど。小川を越えたあたりは完全に道が失われている。
ここからは山勘が必要。
登山者というのはこうやって道に迷うのだなと感じた。
アプリコットノタルト 038




いつだってあたしの頭の中は空っぽだ。
SONEさんの後ろをついていき無事に大滝にたどりついた。
アプリコットノタルト 040






日本一大きい庚申塚とわたし。
本日のコーディネイトは、修験の山に狂い咲いた南国の花をイメージしました。
u0-weu-d1-50787dda92a9fba22ccda206f00ee304^pimgpsh_fullsize_distr


民家の庭先にも庚申塚
庚申のご利益というのは不老不死だそう。庚申の日には部落衆が集まって酒盛りをしたそうだ。
アプリコットノタルト 056




今回は道すがらずっと葛の花が咲いて甘い良い匂いがしていた。
葛の花をポプリにするといいらしい。本に書いてあった。

お庭の葛も放置していれば花が咲くんだろう。でも、庭が荒れるからこれからも見つけ次第駆除するしかないのか。
うまく共存できないのかな。
アプリコットノタルト 034






今日のハイライト
皇壇ノ杉
うねるような迫力のある杉だった。
はるばるここまで歩いてきた甲斐があった。

アプリコットノタルト 063





今日のおやつ

アプリコットパイ
パイ生地のお皿の中にアプリコットムース。ムースの上にたっぷりの生クリーム。アプリコットジャムで線描きしてある。
さっぱりしてて食べやすかった。

今回はアプリコット。前はフランボワーズでも同じケーキを作ったことある。
アプリコットの方が甘酸っぱくておいしいかも。
アプリコットノタルト 028






スポンサーサイト

コメント

No title

あの日は暑かったので冷えたアプリコットパイが格別に美味しかったね。
このコースは山歩きの部分が少ないけど、意外に見どころが多くて面白かったよ。
六十里越の残りの部分も歩いてみたいよね。

SONEさんへ

六十里越街道を全部歩くには橋が必要なんだよね。
そのうちいけるといいな。
全部歩いたら充実すると思う。
非公開コメント

プロフィール

マス1110

Author:マス1110
・アクセスカウンターは2014.12.8から設置です。

・愛読書はおかずのクッキングです。
・趣味はしいて言えば草むしりです。
・写真はコロちゃんです。平成元年生まれ。平成16年没。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
検索フォーム
リンク
アクセスカウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
猫好きのためのコミュニティーサイト
QRコード
QR