ミニミルフィーユ

 8╱16 火打岳へ行って来た。
噂に聞いていたけど、砂利押沢コースはワイルドだった。

山菜取りの踏みあとらしきものをたどっても、途中で見失うことが頻繁にあった。特に渡渉地点が分かりにくい。
道を見失いやすい事もだけど。下の沢に落っこちたらきっと死ぬ。こんな誰も来ないコースで沢に落っこちたら、見つけてもらえない可能性もある。このコースへ来る時は誰かと一緒に来たほうがいいと思った。


沢筋とはいえ標高が低いからやっぱり暑い。けっこうな汗をかく。
アイコの棘にちくちく刺されながら、時折アブの襲来に見舞われながら、少しづつ歩く。地味な作業が続いた。

いるか汁 023



沢が終わると今度は急登。四ばいにならないと登れない斜度だった。


こんな風に書くと地獄のようだけど、さほどじゃない。
あたしはむしろ楽しかった。

苦労しないでたどり着いた稜線には価値がない。(だからといって一人で土内口から神室に登るのはやめてよ、と またこの日も注意された)


価値ある稜線から眺めた火打岳山頂方面
いるか汁 037










オニヤンマ
こんなところでのんびりしてないで、頑張ってアブを食べて欲しい。
いるか汁 034



ミヤマサナエ
深窓の令嬢みたいな優しげな名前だ。尻尾の先がちょっと丸くなってるのが特徴的だった。
いるか汁 045




コケモモ
いるか汁 042






おやつ
ミニミルフィーユ
パイ生地にカスタードをはさんだだけ。真ん中にのってるのはミント。

ただの小さいミルフィーユだ。
でも、意外とこういうシンプルなケーキが好評だったりする。
今回はカスタードはちょっと固めだったから持ち運びしやすかった。
いるか汁 040





帰りは若あゆ温泉に入った。舟形といえばマッシュルーム。
生のマッシュルームを買いたかったけど、乾燥とマッシュルーム入りレトルトカレーしか売ってなかったのが残念。

若あゆ温泉のシンボル
後ろの電線がちょうど網みたい。網焼きになった串刺しの鮎。

串刺しになった鮎を目印に…って、いくら大きいといっても遠くからは見えないだろう。超シュール。
P1010726.jpg





スポンサーサイト

コメント

No title

火打岳は砂利押沢から周回してより価値が上がるよね。
もう少し登る人が多いと嬉しいんだけど、整備されていないので登ろうと言う意欲が湧かないんだろうね。
ミルフィーユはカスタードクリーム好きなのでとても美味しかったよ。

2015/08/27 (Thu) 18:38 | SONE #QVCxQ8ys | URL | 編集
SONEさんへ

いいコースだったよ。
登る人が沢山いたら遭難者が沢山でそう。人が来ないままでいいんだと思う。
わざとあんまり整備しないのかも。沢渡黒伏みたいに。

2015/08/27 (Thu) 22:41 | マス1110 #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する