たまて箱

更新が滞っている間にパスワードを忘れてしまい、酷い目にあいました。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. 読書
  2. tb: 0
  3. cm: 4
  4. [ edit ]

暫定ナンバーワン

死と砂時計を読んだ。
中東の死刑囚専用終末監獄という設定がどうもついていけない。またしても、「本格ミステリ」につられて図書館から借りてきてしまった。SFは苦手だなぁ、と思いつつも短編集なので、なんとなく読めてしまう。

短編集が 全体を通して見るとつながってるという本の成り立ち。
最初からすぐに犯人が分かってしまうようなお話ばかりで、これを本格ミステリというには、どうなの?と途中で中だるみしてくる。それでも、読みすすめられるのは著者の筆力の賜物か…。しかし、これこんな調子で終わっちゃうのかな、と思っていたら 最後の1行でしびれた。推理小説はこの種明かしの時の興奮が醍醐味だと思う。その点で間違いなく本格ミステリ。
早くも今年下半期暫定ナンバーワン登場(自分の中で)。


IMGP7698.jpg



ちょっと前、SONEさんにキタキツネ物語をみようと誘われたけど、拒否した。
あたしの3大トラウマ動物映画はキタキツネ物語、子猫物語、北極物語の三物語だ。

どの映画も見た後、しばらくショックで立ち直れなかった。特に北極物語で犬達が氷河に飲み込まれる残酷シーンは夢にまで見る恐ろしさだった。





IMGP7700.jpg


動物が可哀相な目にあうのはもうたくさんだ



 

スポンサーサイト


  1. 2015.08.15 (土) 10:25
  2. URL
  3. SONE
  4. [ edit ]

No title

南極物語は小説や映画の中で美談になっているけど、実際あれ以上の犬への迫害はないよね。
連れ帰れないならせめて鎖を外して自由にするべきだったと思うよ。
ジロ&タロは人間不信になって、翌年行ったとき調教師の下になかなか近づいてこなかったそうじゃないか。
  1. 2015.08.15 (土) 20:34
  2. URL
  3. うめ
  4. [ edit ]

小説、面白そうですね!
マスさんの暫定No.1、今度読んでみたいと思います(^o^)
またいい本あったら教えてください
  1. 2015.08.15 (土) 21:45
  2. URL
  3. マス
  4. [ edit ]

SONEさんへ

動物が可哀想な目にあうという点ではハチ公物語も嫌な映画だと思った。これも「物語」がついてる。
美談を装ってるけど、動物の視点にたってみたら全然良い話でもなんでもないよね。
  1. 2015.08.15 (土) 21:49
  2. URL
  3. マス
  4. [ edit ]

うめさんへ

いつもブログ記事は何日分かを一度に書いて予約投稿するんです。たまたまタイミングよく読んだ本の感想でした。
全くうめさんとは本の好みが違うようなので、読んで面白いかどうか心配です

 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

マス1110

Author:マス1110
・アクセスカウンターは2014.12.8から設置です。

・愛読書はおかずのクッキングです。
・趣味はしいて言えば草むしりです。
・写真はコロちゃんです。平成元年生まれ。平成16年没。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。