本当の名前




もらわれてきて3ヶ月。だいぶ成長して体が大きくなった。
もうちょっと太ったあたりで完全な大人猫になるんだろう。まだ成長しきってない感じがする。


ゆず君は好奇心旺盛だ。
臓物料理 001



マグカップの中に手を入れて氷遊び。これはミミもやってた遊びだ。懐かしいなぁ。
臓物料理 006




自分からやってきてなでてもらうのはいいらしいけど、なにげなくゆず君の背中をなでようとすると、飛び上がってびっくりすることが良くある。


最初に飼われていた10ヶ月くらいの捨てられるまでの間か、野良猫時代の何日間かに人に叩かれていたんじゃないか。
推察でしかないけれど、よほどのトラウマがないとこんなに飛び上がって驚かないと思う。

ゆず君は大きな声を出して注意しても平気な顔している。だから何かいたずらした時とか叩かれちゃったんじゃないか。
臓物料理 039



これからは急になでないで名前を呼んでから なでよう。でも、いかんせん自分がゆず君だという自覚が本人にないから困る。呼んでも気がついてない。
今はゆず君。保護施設ではきなこちゃんという名前だった。もっとずっと前はどんな名前だったのか。


200~300の言葉を理解する3歳児並みの知能が猫にはあるらしい。
そのうちゆず君も自分の名前を分かってくれる、はず。






スポンサーサイト
ルッコラのフィットチーネ | Home | 伊豆沼のハス

コメント

No title

ゆず君を捨てた飼い主は可愛がっていたんだろうけど、絶対に叩かれていた感じがするよ。
知らないうちに手を近づけた時の、あのびくっとするのはしばらく続くだろうね。
しかし前の名前は何だったのかな?
知るよしもないけど、早くゆず君の名前に慣れて欲しいよ。

2015/08/06 (Thu) 18:44 | SONE #QVCxQ8ys | URL | 編集
SONEさんへ

可愛がられていた感じはするんだよね。でも、叩かれてたんじゃないかとも思う。

ゆず君は可愛いよ。

2015/08/07 (Fri) 14:05 | マス #XzZXkw7U | URL | 編集

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ