桜餅、塩まん

2012.10.7 栗駒山 麝香熊沢
栗駒山にはスキーに行ったくらい。
そういえば、山登りを年に1回しか行かなかった時期に友達からつれてきてもらったこともあった。
忘れたけど、確か一番簡単なコースを往復したんだったと思う。
でも、ちゃんと登ったことってなかった。


今回は麝香熊沢を登って山の稜線を目指す。
1日で17キロくらい歩いた。
またしても山頂は踏まなかったけど、沢歩きが長かったからのんびり12時間かかった。
沢って低いところにあるから、沢をたどって稜線へでようとするとたくさん歩くことになるんだ、って、
この間の御所山の時に気がついた。

沢だけ歩いて帰ってくるよりも、沢と普通の山登りが一緒にできたほうが楽しいと思う。
1日でたくさん歩くと充実する。

P1000493.jpg





こつこつダンベルで筋トレをした成果が現れて、紐1本でよじ登れるところが増えた。
前は紐にすがっても登れなくて、下から押し上げてもらってた。
あれから考えたら、いつの間にか進歩してた。
何ごともコツコツやればそれなりに成果が現れるのだ。






確保しなくても歩ける小さい滝が沢山あるのはこのコースの素晴らしい所。
最初の石ごろ歩きで左足をひねってうんざりしていたから、ますます楽しくなった。

あたしは、きっと歩くときに足元を見すぎてる。
目に頼りすぎるから、だから足を置くところを誤ってひねるんだろう。
こういうのは慣れなのか。

P1000504.jpg




沢後半になると、ひねった左足首はズキズキするし
両足の付け根がつってズキズキする。
スキーやスノーシューの時につるところと同じ。足の上げ下げを過度に繰り返すといつも足の付け根がつるんだった。



本格的に足がつったら困るなぁと思いつつも
最後に、恐ろしく密度の濃いヤブをかき分けて登山道に復帰したときはホッとした。
山の上の方はガスと風であいにくの天気。

P1000524.jpg

securedownload.jpg













おやつは、季節感全くなく桜餅と塩まん(写真は台所で撮ったもの)
カノカ 2012.10.7 004

塩まんは 塩いり落雁といったところ。中のあんこは栗入り。
パサパサしすぎず、甘すぎずでちょうどいいと思う。


この塩まんは、宮城県塩釜のしおがまとほぼ同じお菓子。
違いは、しおがまは紫蘇が入ってるけど、塩まんは入ってない。変わりにあんこに栗が入ってる。

結婚式に引き出物でもらう落雁はまずかった。
あんなイメージしかないけど、落雁ってほんとはおいしいんだって、和菓子習ってからはじめて知った。


スポンサーサイト

コメント

No title

ダンベルでの筋トレ効果が表れていて、腕の筋肉痛がなかったのは凄い凄い!!!
何事も継続することが重要なんだね。
今回はガスって紅葉があまり見えなくて残念だったけど、沢を満喫できたから良かったよ。
桜餅と塩まんは皆さん感激していたね。
本当に繊細で美味しい和菓子だったよ。

2012/10/10 (Wed) 17:41 | SONE #QVCxQ8ys | URL | 編集
SONEさんへ

何の効果もないかと思われたダンベル筋トレにも目に見える効果が出てよかったよ。
当日夕方から翌日にかけての足の筋肉痛は近年まれに見るほどひどかったけどね。


栗駒にはまた今度なるべく人気のないコースで紅葉を見に出かけたいね。

塩まんの受けが良かったのが意外だったかな。
あたしは桜餅の方が美味しいと思うんだよね。

2012/10/10 (Wed) 23:22 | マス #XzZXkw7U | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する