タルト・オ・プリューノ・ア・ラ・クレーム

5/4 注連石

前日の大東岳でもこの日も質問されたけど、SONEさんの登っている山にいつもあたしが一緒に行ってる訳ではない。
もっと言えば、SONEさんの登山の歴史にあたしというものが登場したのは ほんの一瞬、星のきらめきのようなものだ。
注連石も初めて来た。


意外と藪が濃くて、久しぶりにカモシカ気分を味わった。
藪をこぐ時に獣道を通ると楽だ。でも、彼らとは体のサイズが違う。はいつくばって進まない限り難儀なことには変わりない。藪をかき分けて進んでいると無心になって踏み後を外してしまうから注意だった。
だいたい全くルートを把握してないあたしが先頭を歩くことが間違ってるって途中で気がついた。





鳥海山の絶景
ピュリナ 099






この日は犬猫馬さんの撮影に一緒に来た感じ。
あたしは上手くとれなかったけど、この滝はあたしが今までみた滝のナンバーワンに躍り出るくらいの迫力があった。
ピュリナ 106






今日のおやつ
タルト・オ・プリューノ・ア・ラ・クレーム
平たく言えばプルーンとカスタードのタルト。

これはクッキー生地のお皿の上にカスタードと、ハーブと紅茶で煮たプルーンが入ってる。
いつもカスタードを煮すぎちゃって失敗するので、今回は注意した。
ピュリナ 100




あたしは去年、怪我をしてからすっかり沢歩きが怖くなってしまい、帰りの沢はのろのろしか歩けなかった。
すばるぅさんが待っていてくれたようだ。
自立への道はまだ遠い。




スポンサーサイト

コメント

No title

藪は慣れてくると進むルートが見えてくるんだよ。
キノコ狩りも同じで、ベテランは皆同じ踏み跡を辿るもんだから、そのルート沿いはキノコが採りつくされている感じなんだよね。
タルト・オ・プリューノ・ア・ラ・クレームを沢音のBGMで食べるのは、どんな高級なカフェでもかなわないね。

SONEさんへ

前より分かるようにはなった気がする、藪漕ぎ。
キノコにむけて下見もかねられるからその点は良いと思う。
今回のタルトは10年前に習ったケーキだったんだよ。
好評で良かった。
非公開コメント

プロフィール

マス1110

Author:マス1110
・アクセスカウンターは2014.12.8から設置です。

・愛読書はおかずのクッキングです。
・趣味はしいて言えば草むしりです。
・写真はコロちゃんです。平成元年生まれ。平成16年没。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
検索フォーム
リンク
アクセスカウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
猫好きのためのコミュニティーサイト
QRコード
QR