ピーマンの肉詰め焼き

先日の料理教室は、ピーマンの肉詰めがメインだった。

ピーマンの肉詰め焼き
梅干とじゅんさいの素麺
じゃがいも餅・みたらしあん
桃山 002




通っている料理教室は、家庭で再現しやすい旬の食材を使った料理を心がけているって先生が話してた。
毎日暑いので、もう8月も終わりのこの時期だけど素麺の献立になったそう。


肉詰めピーマン
この赤いピーマンはパプリカではなく赤ピーマン。
赤ピーマンというのはピーマンの熟したもので、パプリカ(ジャンボピーマン)とは別の種類。


正直、あたしはピーマンって好きじゃない。
でも、これは酢醤油をかけて食べたからか、巨大な餃子みたいで美味しかった。
中につめたピーマンにショウガや醤油で下味がついているのも美味しいポイントかな。

自分で作るときは皮を下にして焼いてるから最終的には、ぐにゃぐにゃになっちゃってた。
最初に肉のほうを下にして焼くと良いって分かった。



翌日に自宅で再現したときに、ピーマンなかったから肉だねの上にキャベツやニンジンをのせて蒸し焼きにして酢醤油で食べた。これもボリュームがあってなかなか美味しかった。




素麺
シソを混ぜた素麺をじゅんさいと梅干のはいったつけ汁でいただく。



じゃがいも餅・みたらしあん
よくお祭りの出店で売ってるじゃがいも餅を小型にしたもの。
お祭りのじゃがいも餅はバターだけど、これはみたらしあん。

ご飯のおかずにはならないな。
こういうモチモチしたうす甘いものって山で食べたら より一層おいしいかもしれない。



スポンサーサイト

コメント

No title

肉詰ピーマン、やはり皮を下にして焼いていたよ。
どうしても皮が焦げてしまうんだよね。
ソーメンのつけ汁に梅干し入ったら食が進みそうだね。

2012/09/02 (Sun) 23:45 | SONE #QVCxQ8ys | URL | 編集
SONEさんへ

ピーマンを下にして焼いたらいけないんだって今回わかってためになったよ。

熟したピーマンは苦くないから美味しいと思ったけど、売ってるとこがあまりないのが残念。
ジャンボピーマンで作ったら大きすぎるし。


素麺の梅干はじゅんさいの臭み消しだそうだよ。

2012/09/03 (Mon) 07:38 | マス #XzZXkw7U | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する