映画


ひ・つ・じ 002

あたしはいつも自由だったので、小学校の時から近所の映画館へ一人で映画を見に行っていたし、
高校生の時も、頻繁に一人でレイトショーに行った。

レイトショーは特に大昔の映画やインディーズ系の映画が多かったので、全く理解できない映画も沢山あった。
それでも気にせずに映画を見に行っていた。

映画館へ行くというのはあたしにとっては一種の旅行のようなもので、
映画の内容うんぬんよりも映画館へ行くのが楽しかった気がする。


長じて後、映画館がシネマコンプレックス化し、趣がなくなったことをきっかけとして映画館の魅力がなくなってしまった。


SONEさんは映画が大好きなのでよく映画に誘われるけど、めんどくさくて行きたくない。
自分は映画が好きじゃないんだってことに最近やっと気がついた。

そんなこんなで映画館へ行くことは拒否して、惰性でDVDやテレビで放送している映画を見ている次第。


最近はロボジーを見た。
人型ロボットをうまく作れなかったのをごまかそうとロボットの中にじいちゃんを入れてごまかした顛末を描いた映画。
作中に、ロボットの中に人が入っていたって誰かを傷つけたりしない。夢を与えてるんです、というような台詞があった。
まさにその通り。映画の内容もその通りだな、と思った。




スポンサーサイト

コメント

No title

ロボジーは最初くだらない映画と思ってみていたけど、途中から意外に面白くなってきたよね。
でも映画館でお金払って観る映画じゃないね。

SONEさんへ

ロボジーの主役がじいちゃんだから花がないんだと思ったよ。
じいちゃんが世間から批判されてかわいそうな目に会わなくて良かった。
非公開コメント

プロフィール

マス1110

Author:マス1110
・アクセスカウンターは2014.12.8から設置です。

・愛読書はおかずのクッキングです。
・趣味はしいて言えば草むしりです。
・写真はコロちゃんです。平成元年生まれ。平成16年没。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
検索フォーム
リンク
アクセスカウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
猫好きのためのコミュニティーサイト
QRコード
QR