byマス1110
  • Comment:2
  • Trackback:0

イルカ汁


ここはハナちゃんの物見やぐら。
上にのるようになったのでキッチンペーパーを片付けてあげた。
ハナちゃんはあたしがいるときはアクティブに台所の1つ1つに目を光らせてる。
普段はコタツで寝ているそうなので、どっちが本当なのかと思う。

お茶 0181




12/13 夕食
サメの煮付け
骨付き鳥モモのクリーム煮
ワカメサラダ(キャベツ、人参、ワカメ)
サントウサイの煮浸し
ささぎのクルミ合え(ばあちゃん作)
お茶 016
骨付き鳥は白ワインで煮ないといけないところを家にあったワインがロゼだったので、ロゼで煮た。
やっぱり白ワインのほうが癖がなくておいしかった。

ワカメサラダのワカメはボッケ収穫祭で買ってきたワカメ。身が厚くておいしかった。できれば中国産よりも新鮮な宮城県産のワカメを食べたい。こんど七の市へいってまたワカメを買おうと思う。





12/14 夕食
イルカ汁
鶏肉の味噌味グラタン
ほうれん草のお浸し
オニギリ
リンゴ
ささぎのクルミ合え、サントウサイの煮浸し
お茶 021

イルカ汁っていうのは新じゃがのおいしい時期につくる夏の汁物。今は高級品になってしまった鯨の脂身を使う。
具は塩漬けくじら、人参、タマネギ、ネギ、じゃがいも。

あたしは夏の暑い時期に油っぽいイルカ汁ってどうも苦手で、冬に食べたくなる。
鯨の脂身なのになんでイルカ汁なのか。昔はイルカも鯨もいっしょくたに食べてたのかも。

昔みたいにどんどん鯨を食べられる世の中になって欲しいもんだ。あぁ、クジラ食べたいな。


しかし、クジラは賢い生き物だからとって食べちゃ駄目って言う人たちの気持ちも分からないでもない。
あたしも、犬を殺して食べるなんて野蛮だと思っているし。
犬がクジラになっただけ。これが例えば牛になったとしても、猫になったとしても大差はなさそう。
イヌイットのアザラシ狩りくらいのクジラ狩猟文化が日本にあったらぐうの音もでなかったんだろうけど。
情緒的な問題だから厄介なのだと思う。





スポンサーサイト
マス1110
Posted byマス1110

Comments 2

There are no comments yet.
SONE  
No title

クジラで育った世代なので、今でも美味しかった竜田揚げがまた食べたくなってくるけど、こんな飽食の時代に、世界中からの非難を浴びながらクジラ漁をするものどうかな、と思うよ。
昔は肉が高価で食べられない故に、蛋白源をクジラ肉に頼った時代だったんだよね。
クジラ肉はメチル水銀濃度が高いので、週におおむね100~200g程度以下しか食べない方が良いと厚生労働省でも言ってるよ。
でも今回のイルカ汁は美味しかったなぁ。油っぽいけど飽きない味だよね。

2014/12/16 (Tue) 13:06 | EDIT | REPLY |   
マス  
SONEさんへ

あたしが小さい頃はすでにクジラは高級食材だったよ。
竜田揚げも食べたことない。

前に魚市場へ行ったとき、クジラ屋から分厚いクジラを買ってる夫婦がいたよね。うらやましいよ。

イルカ汁はおいしいよ。あたしはいつも山形の郷土料理を食べさせようと思っているんだ。
SONEさんの家は郷土食のない家だよね。

2014/12/16 (Tue) 13:14 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply