1周年

11月でハナちゃんをつかまえてから1周年になる。
ハナちゃんは多分5月生まれ。だから、赤ちゃんを産む生後半年(11月)くらいで捕まえて、避妊手術をしてからまた外に放そうと思っていた。


実際は手術をしたら体調を崩してしまい、毎日点滴と頻繁に受診しないといけなくなったので、責任を取ってそのまま飼う事になった。





DSC03025.jpg





手術をしたせいで死ぬかもしれない。全くもって余計なことをした、とがっかりして猫の保護活動をしている知人に相談した時に

野良猫というのは具合が悪くなったら人知れず死ぬ運命にある。たった一人で死んだかもしれない猫にしてみれば、寄り添ってくれる誰かがいただけでもいいことじゃないか、と励まされた。








一時は死にかけたハナちゃんも今はもうすっかり元気になった。

DSC02942.jpg


手術をしてくれた先生は猫保護活動に理解がある先生で、野良猫の場合は半額程度の値段で避妊手術をしてくれる先生だ。
ハナちゃんを気にかけてくださり、今でも時々連絡をいただく。
元気に過ごしている近況をはがきでお知らせしようと思う。


スポンサーサイト
二十世紀 | Home | なめことハナちゃん

コメント

No title

一年前はハナちゃんは看病していて助からないと思っていたよ。
一日二度の筋肉注射を点滴が大変だったなぁ。
医療費で10万以上使ったので、ハナちゃんは血統書付の猫並みに高価な猫だよね。
今は膝の上で眠っていて、元気になって本当に良かったと思っているよ。

2014/11/11 (Tue) 12:31 | SONE #QVCxQ8ys | URL | 編集
SONEさんへ

ハナちゃんは価値ある猫だよ。

栄養のあるご飯を食べてストレスのない生活を送っていれば病気にならないで長生きできると思う

2014/11/11 (Tue) 15:13 | マス #- | URL | 編集

コメントの投稿


非公開コメント

このページのトップへ