byマス1110
  • Comment:2
  • Trackback:0

ぴょんぴょん舎

岩手の兜明神岳に行ったので、かえりにぴょんぴょん舎へいって冷麺を食べた。
ここで冷麺を食べるのはきっと4年ぶり。
以前に青森へ登山旅行に行って以来らしい。

あたしは部分的な記憶は鮮明なわりに全体的な記憶が乏しい。
今回店に行ったときも、どこの山の帰りにぴょんぴょん舎に来たのか全く覚えていなかった。

でも、ぴょんぴょん舎の中に飾ってある版画風の小さい絵ははっきり覚えていて、
「素敵だな、この絵前も眺めたな」と思い出した。



いつも思うんだけど、冷麺っていつまでも伸びない。
スープに浸しておいても、口の中でも柔らかくなるということがない。
口の中でほどけて柔らかくならないので、いつまでもいつまでも噛んでしまう。

ぴょんぴょん舎の冷麺は髭の冷麺より麺が固いと思う。とういか、これが標準的な冷麺なのかも。

gw 009




珍しいのでたのんでみたコシアブラのチヂミ
鉄板で香ばしく焼いてある。なかなか美味しい。
gw 007

コシアブラのチヂミは特製の塩なるものにつけて食す。
細かい緑色の粉末が何なのか食べてみても分からなかった。
gw 008





ぴょんぴょん舎で昼食を食べた日の夜、早速 コシアブラのチヂミを家で再現してみた。

片栗粉6、小麦粉3で作った生地に葱と玉ねぎを入れて上にコシアブラを乗せて焼いてみた。
塩じゃなくてもいいんじゃないかと思ってチヂミの辛いたれを作って食べてみたものの、
やっぱり豆板醤のタレをつけてしまうととコシアブラの風味を損ねる気がした。

塩でいいみたい。
gw 011



スポンサーサイト
マス1110
Posted byマス1110

Comments 2

There are no comments yet.
SONE  
No title

コシアブラのチヂミはまた食べたいね。
今度は絶対に塩だよ。
盛岡の冷麺に関しては麺はあれでも柔らかいほうだよ。
ほとんどゴムを食べている感じのお店もあったよ。

2014/05/09 (Fri) 22:10 | EDIT | REPLY |   
マス  
SONEさんへ

コシアブラのチヂミは簡単にできるってわかったから今度から山菜料理のレギュラー化だよ。

冷麺を自分の家でぐらぐらにあったかくした事あったんだよ。
それでも、麺が延びないのは驚異的たっだ。

2014/05/12 (Mon) 21:43 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply