たまて箱

更新が滞っている間にパスワードを忘れてしまい、酷い目にあいました。

  1. パン教室
  2. tb: 0
  3. cm: 2
  4. [ edit ]

プリマドンナ

プリマドンナ
2012.11.29 教室 031

プリンを作ったあとにパン生地で包んで焼く。
カスタードを包むパンはそんなに珍しくないけど、これはそのまんまプリンなので汁っぽくて包むのにコツがいる。
2012.11.29 教室 034


丸く伸ばしたパンの真ん中にプリンを置いて包むときに、手がプリンで濡れているとパンがうまくくっつかない。
こまめに手を拭きながら作業することと、キレイに包むことにこだわってパンをさわりすぎないことがコツだと思った。
包むのが大変なので、プリン部分だけにしてカラメルは入れないといいのかとも思ったけど、
実際食べてみたらカラメルがないとおいしくないってことが食べてみて分かった。

これはプリンそのものが美味しくないと成立しないパンだな。次に作るときも手抜きしないでちゃんとした蒸しプリンで作ろう。





ヘルシーフラワー
イチジク・クルミ・干しブドウの沢山入ったパン。
2012.11.29 教室 030

1個は全粒粉入りの生地。1個はドライフルーツ入り生地を作ってドライフルーツ入りの生地をくるむ。
くるむときに生地を水でぬらして粉をつけてからくるむと2つが混ざらなくてキレイ。
単純にパン生地にドライフルーツを沢山入れて丸くして焼けばいいのかと考えていたのだけど、
そういうんじゃないみたい。




お豆ごぱん
ごパンというからには今流行の米粉入りかと思いがちだけど、全然はいってなかった。
ふじっこというできあいの甘い豆とマヨネーズをあえてチーズをのせて焼くパン(右下)
うぐいす豆と粒マスタード・マヨネーズをのせて焼くパン(左下)
2012.11.29 教室 027


甘い豆とマヨネーズを合えてパンにのせちゃうって言うのは好き嫌いが分かれるところだな。
ネットで大豆の缶詰で作ってるのもアップされているのを見たけど、そっちのほうが癖がなくて万人向けな気がする。
2012.11.29 教室 028



スポンサーサイト

  1. 山食
  2. tb: 0
  3. cm: 2
  4. [ edit ]

クロワッサン

2012.11.18 雨乞山と布引山
雨乞山は前からいってみたいと思っていたんだけど、実際いってみたらすっかり荒れていてちょっとがっかりだった。
山頂からの展望もほとんどなし。
4年前にいった思い出の霊山がちょっと見えるくらいだった。
2012.11.29 教室 010

きっと震災やら原発事故で山を整備するどころじゃないんだろう。
やぶっぽいのはまだいいんだけど、服に種がくっつく草とイバラが道々で大量に生えているのがひどかった。
家に帰ってきてから種を取るのにかなりな時間を要した。



二山目は対照的に広々したキレイに整備された登山道で、気分良かった。
冬枯れの山登りのよさがあった。


登山口入り口に廃屋があったのがちょっと不気味。
山姥がいそう。
2012.11.29 教室 016



2012.11.29 教室 017




雑木林の中はからっとしてるから秋にはキノコがはえるかもしれない。
でも、ここら辺は放射能が高いらしいからキノコはやめたほうがいいのかもしれない。
放射能は目に見えないからたちが悪いと思う。





2012.11.29 教室 018

今回のおやつはクロワッサン。
丸いのはクロワッサンを作ったあとのはじ切れを丸めて砂糖を振りかけたリサイクル品。
これも結構美味しい。


  1. 山食
  2. tb: 0
  3. cm: 2
  4. [ edit ]

イチジクのタルト

2012.11.11 甑山
今回はちょっと難しいコースで男甑山へ行ってから女甑山へ。
小さい山でも岩壁を登る部分もあって、今年一番危険な山と思った。



写真だとよく分からないけど、ほとんどクライミング状態で登ってる。
虎ロープはあるものの、古くなってるので体を預けていいのか迷う。

今年は沢歩きをするようになったおかげで、岩っぽいところも歩けるようになってきた。
だんだん今まではいけないようなコースをとれるようになったのが嬉しい。
2012.11.15 うーぱーるーぱー 031



一般ルートで行けば危険なところはないらしい。
でも、こういうちょっと変わった 面白いのを体験してしまうと一般コースは
やっぱりちょっとつまらなく感じるかも。




男甑山頂からの烏帽子岩。
2012.11.15 うーぱーるーぱー 033




女甑
2012.11.15 うーぱーるーぱー 036
女甑からのくだりもかなり急で安心できなかったので、慎重に下った。

山伏がいるような修行の山っていうのは大概こんな風に危険だな、と
昔の人のことを思った。




今回は、ナメコ狩りもかねてる。
時々ヤブに入りながら少しづつ採っていった。
あたしは目が悪くて遠くの木が見えないので、堅実に足元のキノコをこつこつ採集していくタイプ。
それでも、ちりもつもればでけっこうな量取れた。
2012.11.15 うーぱーるーぱー 039




今日のおやつはイチジクのタルト
これは一言で言うとプリンみたいな味のケーキだった。

パイ生地のお皿→カラメル→サワークリーム→イチジクの白ワイン煮→アプリコットジャム
の順番で層になってる。

カラメルとサワークリームがちょうどプリンみたいな味になって、上の甘酸っぱいジャムとあいまって美味しい。
パイのサクサク感も変化があってよかった。


2012.11.15 うーぱーるーぱー 043






  1. 山食
  2. tb: 0
  3. cm: 2
  4. [ edit ]

ババロアトルテ

2012.11.4
またしても天気が良くない予報で、どこに行くのかなかなか決まらないようだった。


キノコが採れる天気が良さそうな山っていうと以前は福島だった。
原発事故以降、キノコは受難の時代へ入ったと思う。






もしかしたら天気が悪いかもしれないけど、キノコが採れる山っていうチョイスで
今回は山形と新潟の県境の大境山へ行くことになった。

ムキタケを期待していったけど、生えていたのはナメコが主だった。
米良 美一 2012.11.4 062

キノコ棒を使っても採れない様な木の上や、崖っぷちに生えてることが多かった。


あたしが山菜とりよりも、キノコとりが好きな理由は、
山菜は出る場所を知っていれば毎年採れるけど、きのこはその年その年で採れるキノコが違うし、
でるキノコも少しずつ変わってくるから採る楽しみがあるところだ。

宝物探しの楽しみがある。






今年はキノコが遅れてるからまだ幼菌のナメコばかり
米良 美一 2012.11.4 064


いつも思うんだけど、ここ数年のナラ枯れで山のナラが相当数枯れてる。
きっと山にナラがなくなる日が近い将来やってくる。

いまはナラ枯れの恩恵でナメコを沢山とれてるけど、ナラが山になくなった時 必然的にナメコはとれなくなってしまい、マツタケやコウタケなみの超高級キノコになってしまうんじゃないかしら。

ほくほく喜んでばかりもいられない気持ちになった。






紅葉はちょうどいい時に当たった。
米良 美一 2012.11.4 070





米良 美一 2012.11.4 072










今日のおやつ
ババロアトルテ
山の上は寒くて写真を撮り忘れたので、自宅で撮った写真

平野山 003

最初に薄いスポンジケーキでロールケーキを作る。
薄くカットしたロールケーキを丸いボールに敷き詰め、中にババロアを流し、クッキーでフタをして出来上がり。
思ったより甘さ控えめだった。
ババロアが脂っこい分、あんまり甘すぎるとくどいからこれ位でちょうどかなぁ。





  1. 山食
  2. tb: 0
  3. cm: 2
  4. [ edit ]

パベ・ド・ポム

2012.11.3

風が強いから1000m以上の山へ行っても楽しくないだろうと言う事で、今日はキノコ狩りへ
船形山の升沢遊歩道へ行った。



船形山神社直下で見つけた

大量のヒラタケ
米良 美一 2012.11.4 033

あまりに沢山生えているので驚いてしまった。
ヒラタケを採るのは初めて。

肉厚で良い匂いがする。
興奮して、がけに落ちていきそうになりながら採った。


船形山神社
米良 美一 2012.11.4 037

写真を見るととっても気持ち良さそうに写ってるけど、風が強くて長居出来なかった。





神社から下山すると、ヒラタケをのこぎりで根こそぎ採ってる3人組がいた。
往復だから帰りに採ればいいや、と思ってのんびりしてたらキノコを採られるところだった。
危ないところだった。
4分の1程度しかヒラタケを採らなかったけど、程度の良い部分はだいたいとったから満足。




こんなことならハケゴを持って来ればよかったね、とか
キノコ採りに先を越されるかもしれないから早く遊歩道へ行こう、とかだんだん欲が出てきた。


でも、ハケゴをもって採る気満々で行くと、意外と採れなかったりすることが多い。
今回だってあとちょっとの差で、あのキノコ採り3人組に先を越されていたかもしれないわけで。

キノコというのは運に左右される部分が大きいから、採れたときは なおさらうれしいんだと思う。





結局、ザックが重たくなってしまい、あたしは重くて歩けそうにもないし、これからもっともっと沢山キノコを採れるに違いないと確信したので、いったん車にキノコを置きに帰ってから、再度遊歩道へ。






時折、突風が吹いて寒かった。
米良 美一 2012.11.4 038
黄色い紅葉がキレイだが、さっきのヒラタケで興奮してるのであたしはほとんど足元しか見ていない。
目が悪いから、木に生えるキノコは見えないんだった。
足元の土に生えるキノコは得意なんだけどなぁ…。





まだモダシが生えている驚き。
今年は夏の暑さが厳しかったせいか、寒くなってからいっきにキノコが生えた
時系列がめちゃくちゃにいろんなキノコがいっせいに生えているので、いつどこにどんなキノコがはえているか予測がつかないところがある。
米良 美一 2012.11.4 045




チシオダケ
手折るとオレンジ色の汁が出る
(食べられない)
米良 美一 2012.11.4 044






すりばち沼の紅葉
米良 美一 2012.11.4 046

ゆっくり沼を見ながら昼食にしたかったが、風が強すぎた。
樹林帯で昼食することにする。





きょうのおやつ
パベ・ド・ポム
米良 美一 2012.11.4 050

リンゴ煮入りのケーキの上にリンゴ煮を並べたシンプルなケーキ。
土台のケーキに入るリンゴ煮はラム酒やシナモンで濃厚。砂糖も多め。
上に乗ってるリンゴ煮は紅玉の酸味を生かしてシンプルに控えめな砂糖のみ。
上に乗ってるリンゴの酸っぱさと土台のリンゴの甘さがちょうどいい。

上のリンゴが赤いのは煮る時に皮も一緒にいれて煮たから。
皮の赤身が移ってキレイに赤くなる。





米良 美一 2012.11.4 056

今日の収穫
なめこ、カノカ、クリタケ、モダシ、ムキタケ
ヒラタケは大量すぎたので割愛。





  1. 料理
  2. tb: 0
  3. cm: 2
  4. [ edit ]

コウタケ御飯

2012.10.27 里山に行ってコウタケを採ってきた。

コウタケは
地面に生えるキノコで、枯れ草と同じような姿をしてるので見つけにくい。
蛇のうろこのような異様な姿をしてる。

2012.10.27 摩耶山 059



山の崖みたいな急なところに生えているから気をつけて採った。
結構採れたな。

2012.10.27 摩耶山 063
今年は乾燥気味なのか、生きながらにして干からびているキノコも多かった。
もっともっと大きくなるらしんだけど、今年は小さめ。






コウタケは生のまま食べることは出来ず、加熱しないとお腹を壊す。


乾燥させたコウタケを炊き込み御飯にするのがベストな食べ方みたい。



コウタケの香ばしい良い匂いは、カラカラに乾燥させるとますます深まってくる。
これはカラカラに乾燥したコウタケを五目御飯の元と一緒に炊き込みご飯にしたもの。

10月の初旬に作ったんだった。

2012.10.14会津駒ケ岳 003
コウタケは味がない。香ばしい匂いを味わう御飯。






ついでにこれはトンビマイタケの炊き込みご飯
8月末に作ったもの
201283101 (2)
トンビマイタケはコウタケよりワイルドな感じ。
土臭い匂い。

コウタケの方が好きかな。





NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

マス1110

Author:マス1110
・アクセスカウンターは2014.12.8から設置です。

・愛読書はおかずのクッキングです。
・趣味はしいて言えば草むしりです。
・写真はコロちゃんです。平成元年生まれ。平成16年没。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック