たまて箱

更新が滞っている間にパスワードを忘れてしまい、酷い目にあいました。

  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. 縫い物
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

春の手提げ袋

かれこれ3年くらい、同じ形の布地違いの手提げを何回も作ってる。

今回作った形の手提げはこれで3つ目。
うまく撮れなかったけど、円筒形のトートバックなんだ。
大きいから職場に行く時や荷物が多い時に便利で気に入ってる。

いつも特売の布をまとめ買いしておいて、気が向いたときにその日の気分で布地を合わせて裁断。
一気に縫って仕上げる。
はるの手提げ




今回作ったバックは春だからピンクの花模様にした。
でも、半年近く縫い物をしてなかったから腕がなまったのか、もち手の所をちょっと失敗してしまった。
クマのボタンでぼろ隠し。
にやりとわらう熊



底布はフェルト。お母さんの着なくなったウールのコートをばらして使用。
裏布がきのこ模様。
本当はこっちを表に使用かと思って縫い進めてみたものの、実際ぬってみたら思っていたのと違ったので裏地に格下げ。






いつもこの本を見て縫ってる。
ほびーらほびーれ

「ホビーラホビーレの毎日お気に入りバック」
縫い物をはじめた時に買った本。

だいたい人にあげてしまうので手元に残っていないけど、この本を見て縫った手提げは20個近くある。
布地違いでどんどん縫っていった。

この本の良い所は、型紙がなくても作れるところだと思う。
あと、初心者向けで簡単な作りなところ。




スポンサーサイト

  1. 料理
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

「大好きな炒め物」③

広東風酢豚
パイナップル、ジャンボピーマン、ぶた肉、たまねぎの具。ケチャップ味。
日本でおなじみの酢豚。
わたしは酢豚って日本人考案の中国風おそうざいなんだと思ってたら、れっきとした中華料理だと何かの本で読んでおどろいた。
ケチャップ味って日本だけなのかと勘違いしてた。
005.jpg


今回は、具を大きく切りすぎて油通しするのに時間がかかった。次回は一口大を心がけよう。








北京風酢豚
具が肉のみ。しょうゆと酢で味付けしたピリッと辛い酢豚。
具が肉だけだと油であげるのもめんどくさくないから普通のケチャップ味の酢豚より気軽にできる。
ケチャップ味より、しょうゆベースのすっぱい味だとごはんもすすむし、これいいかもしれない。
北京風酢豚








回鍋肉
知らなかったけど、ホイコーローは一度ゆでた豚肉を切って使う炒め物らしい。
甜麺醤の甘い味なのかと思いきや分量通りに入れた唐辛子が恐ろしく辛い。
全般的にウーウェンさんの料理は唐辛子が多いから、真に受けてそのままの分量で入れると大変なことになるんだった。
ホイコーロー

結局、から過ぎて味がよくわからなかった。









四川風エビチリ
四川風えびちり

からつきのままエビを油で揚げた後、調味する。
エビチリってケチャップ味なイメージだったけど、またしてもこれはビリビリ辛いしょうゆ味。
とりあえず、辛味はすべて半分量にしたらちょうどだった。
食べる時、殻が邪魔だし、殻をむいたら味がしなくなるので、最初からエビの殻をはずして調味すればいいんじゃないか?
でも、殻がついてるからエビがプリプリして美味しいのかも?
一応、はさみで半分まで殻に切れ目を入れてはいるけど、片栗粉をまぶして油で揚げてから調味するためか、殻が外れにくい。

以前に料理教室でエビチリを習った時、エビは殻をむいて低温でじっくり油であげてから調味するとプリプリのまま食べられる、と教わった。
味付けはウーウェンさんのままで、エビの揚げ方だけ低温でじっくり揚げる方法にすればベストなのかも。









エビとグリンピースの炒め物
ケチって安いエビを買ってきたらいまいちだった。
きつすぎない塩味としょうが風味で味付けはおいしいのにエビが小さすぎて力不足ぎみ。
また特売で大きいエビが手に入ったら作ってみよう。
エビとグリンピース




  1. 料理
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

「大好きな炒め物」②

ブロッコリーのドウチいため
ドウチというのは、豆の発酵食品。風味づけに使うもので、香ばしい香りがする。味は特にない。
食感は、グニャッ。

その「香ばしいグニャッ」と ブロッコリーを炒めたシンプルな料理。
ブロッコリーとドウチ


正直、これはドウチが好きじゃないとぜんぜん美味しくない。
あたしはちょっとドウチが苦手。慣れの問題なのかな。
納豆は好きなんだけどなぁ。ドウチはなんともいえない。










イカとブロッコリーの炒め物
イカとブロッコリー

火が通りにくい食材は最初に軽く湯通し・油通ししてから さっと調味料をからめる程度に炒めるのが炒め物のポイント、と「大好きな炒め物」の料理を作っていて気がついた。
今までは長く炒めすぎてた。
湯通しや油通しも、あとで炒めることを念頭において火を入れすぎないようにしないと、
炒めすぎは 食感も悪いし、きっと栄養も損なわれてると思う。

この本は親切に炒め時間まで載ってるけど、どの程度火を入れるかは自宅の火力や食材の水分量で加減しないといけない。
今回のイカはやせたイカだったので、さっと湯通ししてからさっと塩味で炒めた。
それでもやっぱり肉厚なモチモチのイカだったらもっと美味しかったかもなぁ。











きのことイカの炒め物
イカときのこを取り合わせたことが今までなかった。
意外と合うのにびっくり。
イカときのこ

味付けはスーラータンメンのうようなすっぱくて胡椒の辛味がきいた味。
この味付けはきのことイカに限らず、いろんな炒め物に応用できるんじゃないだろうか。











卵のトマトの炒め物
トマトってミートソースといいインドカレーといい、料理に使うときはじっくり煮込むことが多かった。これは煮込みと生食のちょうど中間。
火を通すからトロッとするけど、ほとんど生。
塩味のあっさりした味付けで口の中がさっぱりする。
とまとと卵










セロリと卵の炒め物
セロリと卵を塩で炒めただけ。
温野菜感覚でセロリを食べられる。手軽でいい。
セロリと卵










NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

マス1110

Author:マス1110
・アクセスカウンターは2014.12.8から設置です。

・愛読書はおかずのクッキングです。
・趣味はしいて言えば草むしりです。
・写真はコロちゃんです。平成元年生まれ。平成16年没。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。