キウイ

あまりにも胸肉の細切り炒めが辛すぎたので口直しに食べたお菓子。
ケーキ教室で作った「キウイ」

キウイとバナナのムースとココア生地のスポンジが層になってる。

キウイやパイナップルは酵素があるため、生の状態ではゼラチンで固めることができない。
一回キウイピューレを沸騰させてからムースにするのがポイントと思う。
022.jpg

スポンサーサイト

「大好きな炒め物」

いろんな料理家がいるなかで、今まで一番口にあったのはウーウェンさんの料理。
全般的にちょっと味が濃い目なのでご飯にすごく合う。






先日購入の「大好きな炒め物」から
切り身魚の炒め物
本に書いてある通りにしゃけで作ってみた。
醤油ベースで甘じょっぱい味なので馴染みやすい。
切り身魚の炒め物







マグロの味噌いため
マグロに下味の段階で油分をプラス。
そのため、とっても淡白な冷凍安マグロもおいしく食べられる。
安マグロをゴマ油と醤油で調味すると濃厚になっておいしいと何かで読んで試したことがあった。
これも同じ原理と思う。
安マグロは下味の段階でちょっと油分を足すと良いみたい。
マグロみそいため








かに玉

これはタラバカニの身とレシピに書いてあるところをカニカマで代用。
正直言って気の抜けた味がした。
カニカマはカニにあらず。
思い知った一品。
008.jpg








とり胸肉の細切り炒め
衝撃の問題作。
とにかく辛い。唐辛子10本入りは辛すぎた。
作っている途中から唐辛子の弾幕で充満。
涙が出る、くしゃみがとまらない、など 唐辛子にやられてしまい
食べるところへ行き着くまで苦難を極めた。

味見の時点で食道がただれそうだったので、本来は鳥胸肉とキクラゲ、唐辛子のみのシンプルな具なのだが、
キャベツを投入。
酢と砂糖を追加で入れたら何とか食べられた。

ウーウェンさんが唐辛子10本と書いた所は、少なくても半分量 唐辛子5本程度にしないと食べられない、ということを学んだ。
020.jpg





塩づけ野菜と豚肉の炒め物
本来はザーサイのところをしょっぱい漬物なら何でもいいと本に書いてあったので、
山寺で買ってきたとかいう塩漬けキュウリを水で塩抜きしたものを使用。
うーん…やっぱりザーサイを使って作ったほうがおいしいかも。
塩漬けキュウリはいまいちうまみに欠ける気がする。

011.jpg




卵とネギのチャーハン
冷ご飯が1膳分しかなかったので、あったかいご飯をもう1膳プラスして作ったら、やっぱり上手くいかなかった。
ご飯が全部くっついてモチみたいになっちゃった。

私はいつもチャーハンってカツオ節と醤油を入れてねこまんま味にする。
本当はこれは卵とネギのみのシンプルな塩味のチャーハンなんだけど、モチになってしまったのでしかたなくいつものねこまんま味に変更。

ウーウェン式のチャーハンとは程遠くなってしまった。
また今度だな。
023.jpg









プロフィール

マス1110

Author:マス1110
・アクセスカウンターは2014.12.8から設置です。

・愛読書はおかずのクッキングです。
・趣味はしいて言えば草むしりです。
・写真はコロちゃんです。平成元年生まれ。平成16年没。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
検索フォーム
リンク
アクセスカウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
猫好きのためのコミュニティーサイト
QRコード
QR