たまて箱

更新が滞っている間にパスワードを忘れてしまい、酷い目にあいました。

  1. 観光
  2. tb: 0
  3. cm: 2
  4. [ edit ]

とうほく蘭展&バラとガーデンフェスタ 2016

1/31 毎年行ってる もりりん加瀬沼でユリカモメにえさをやった。
動物と触れ合うのは楽しいなぁ。
u0-weu-d4-14df496eea993329b87682d93425dd31^pimgpsh_fullsize_distr
よく見ると憂いを含んだまなざし。でも、この時うじゃうじゃカモメがやってきてて、そんな事考える余裕なかった。





山なりにパンを放り投げるとカモメが食べにやってくる。
ホバリングして何回も食べるかもめがいれば、へたくそで食べられないのもいる。
u0-weu-d4-45ea5d4b56ccef1c4d53656dae5650f6^pimgpsh_fullsize_distr




鳥ってすごいなと素直に感心してしまった。








もりりんのあとは、蘭展へ。  とうほく蘭展&バラとガーデンフェスタ 2016
もりりん 076

夢メッセなんて20年前に1回きたっきりだ。
あの時は電車と電車とバスを乗り継いで、やっとたどり着いた思い出。遠かった…。
今日は車で連れきてもらったから楽ちん。








初めて見に来たので、いつもはどうなのか分からないけれど。全体になんとなく取り留めのない印象だった。

バラ、宿根草、生け花、ラン、フラワーアレンジメントと 色んなのが一時に見れるのはいいかもしれない。
もりりん 064







そういえば、生け花習ってたことあった。あれは高校の時かなぁ。
でも、2ヶ月でやめちゃった。
たしか静月流を習ってた。
もりりん 068


生け花は、性に合わなかった。
無駄に切りきざんでる感じが好きじゃなかった。
花は出来上がったものを愛でるよりも、自分でいちから育てた方が楽しい。



蘭よりも宿根草のお庭が眺めてて楽しかった。
マツムシソウみたいなのとか、ルピナス、アネモネ。かわいいなぁ。
もりりん 083



春のお庭や山の花を早くみたいなと思った。







帰りに塩釜の来来軒にいって遅い昼食
ラーメン
もりりん 087

好みの味だった。パンチはないけど、飽きずに美味しく毎回たべられるご飯みたいなラーメンだと思った。










スポンサーサイト

  1. 観光
  2. tb: 0
  3. cm: 10
  4. [ edit ]

今年の山 スリーシーズン ナンバーワン

そうそうに今年の山 各季節ナンバーワンを発表したいと思います。


唐突に始まります。

2015年春 ナンバーワン!
翁峠
最上山岳会 坂本さん風に言い表せば「いぶし銀」の山。
f5a6bce7.jpg


超地味なわりに難しい。人が行かない山へあえて行き、時々危ない目にあいながらSONEさんつきっきりのお世話を受けて無事帰宅、といういつものパターン。
6年前はよく「マスさんレベルで行ける山なら自分も余裕で歩ける」みたいなコメントがついてたものだ。
あたしは、エスコートしてくれる然るべき人がいるから行けてるだけ。安易に出かけるのは、よしたほうが良いでしょう。







夏 ナンバーワン
六十里街道 第二段

もう山ですらない。
ad70eee5.jpg


そぞろ歩きというには16キロは長すぎる気もするけど、石碑を見て お寺を参拝し 旧道に昔の人を思うのは、なかなか出来ないこと。とても楽しかった。
もっと色んな街道を歩きたい。







秋 ナンバーワン
秣岳
紅葉万歳。
1ca4a714.jpg

たまにはミーハーに有名な山も良いものだ。






総括

腰の痛みから握力が無くなったと嘆いている人がいた。以前はスポーツで鍛えて握力が40あったけど、いまは10ちょっとしかないそうだ。心配は無用。あたしは怪我もしていないのに握力が10ちょっとしかない。でも、立派に生きてますよ、と励ましておいた。

山登りを毎週しても、身体機能はたいして向上しなかった。


良い兆候として。
ひねりやすかった右足首のリハビリを(とはいっても、足裏でボールを転がしただけ)行ったり、内股矯正を歩く度にこころがけていたら、右足をひねらなくなった。
内またの矯正中は、右足首の筋肉がギリギリして痛かったけど、やっと痛くなくなった。

SONEさんから教えてもらった山の歩行技術を最近やっと会得してきた。良く考えたら、まる6年かかってる。

来年は、史跡をめぐって古い歴史に親しみたい。時々有名山にも行きたい。
そして、登山を始めた原点に返りたい。自立した登山者にむけて。







  1. 観光
  2. tb: 0
  3. cm: 2
  4. [ edit ]

黒沢峠

10/25 黒沢峠もついでに歩いた。

峠入り口の素敵なツリーハウス
ハックルベリーフィンの家みたい。こんなのが庭にあったら楽しそう。
ココポテロン 013




江戸時代の敷石がそのまま残ってて風情がある。
しかし、大変に滑りやすい。転倒の危険がある。これは沢靴が必要なレベル。

昔の人はこんな滑りやすいところを歩いていたのか とビックリするも、良く考えたら昔の人は草履ばき。滑らなかったのだろう。
ココポテロン 017







少林寺拳法の使い手と思われる敷石の落書き。
ココポテロン 018

途中、杉林の植林がちょっと残念な感じがしたけど、全体に雰囲気のいいところだった。





今日はたまたま黒沢峠まつりだったようだ。

地元の方達と、峠を越えてきた「ここ掘れ和ん話ん探検隊」の焼肉大会
ココポテロン 028




探検隊員じゃないのにご相伴に預かった。

各種漬物。
ピリ辛の青菜漬け、みょうがの梅酢漬け、菊花入り蕪漬け、モダシとワラビの醤油漬け
ココポテロン 025

写真には写ってないけど、砂糖をかけた梅干もあった。おいしかった。

小さいときは砂糖をかけた梅干で良くご飯食べてた。砂糖かけ梅干は、ばあちゃんお勧めのおかずだったのだ。なつかしの味。
(ついでにいえば、子供のころのおやつはばあちゃんの握った味噌おにぎりだった)


供された漬物は全体的に甘くて、好みの味だった。漬物って塩だけじゃなくてもちろん砂糖も入ってる。
あたしの住んでるあたりでは塩と砂糖がほぼ同量入る、かなり甘め。食べなれた味に近くて美味しかった。






なめこ汁。100円
大根となめこ(多分栽培されたもの)。
ココポテロン 027








カラコ
小国の郷土料理らしい。
餅ですか?と質問したところ「米の粉と砂糖をこねたもの」だそう。

落雁みたいな独特の食感と皮ごと入れたクルミの渋みがある、不思議な食べ物
なんというかなぁ…強いて言えば、ゆべしの蒸かす前に似てる。まだ調理の途中って感じ。


ちょっと甘すぎた。
ココポテロン 030










  1. 観光
  2. tb: 0
  3. cm: 6
  4. [ edit ]

七の市 わたり蟹

毎週土曜日はゆず君が医者に行く日だ。
毎日のお薬が効いたのか、わりと元気そうだ。留守番させても大丈夫そうだったので、七の市へでかけてから医者に行くことにした。


今月の七の市は珍しく土曜日に開催。
いつもクジラの刺身を買う魚屋さんが来なかったのは残念だったけど、それでもあれこれ買い込んだ。


帰りに寄ったマロさん宅
マロ子ちゃん。
トマトを食べるから驚いてしまった。
ゆず君の服薬 025



マロ子ちゃんのしっぽのアクセサリー

良く取れないもんだなぁ。
よく、しっぽにゴムをつけて平気でいるもんだなぁ。
ゆず君の服薬 027





七の市で買って来た 名も知らぬ貝。茹でて食べることにした。ひとざる500円
ゆず君の服薬 032


こちらは2ハイで300円 ワタリガニ
最近雨続きで漁にでられないらしく、七の市は鮮魚がとぼしかった。
ワタリガニが目玉だった。

震災後、ワタリガニが沢山とれるようになったので安くなったんだろう、とマロさん達が話していた。
ゆず君の服薬 039


男の人はカニよりもエビが好きで、女の人はエビよりもカニが好きという統計の話を以前に友達としたことがある。
統計といっても友達調べの統計なので、たいしたものじゃない。

あたしが想像するに、男の人というのは とかくめんどくさがりだ。カニの身をコツコツ取り出して食べるよりもすぐ食べられるエビが好きなんじゃないか。








今回の受診は貧血がだいぶ改善されたということで、なかなか良い結果だった。
(この後、火曜日にはまた具合が悪くなり医者に行くことになった)

貝の殻をつつくゆず君。巻貝を見たのは初めてじゃないか。おっかなびっくりだった。
ゆず君の服薬 036

広い世の中をハナちゃんとゆず君に見せてあげたいと親心で思っているけど、大きなお世話だろうね。
猫達は小さいおうちに、いつものメンバーでいるのが一番落ち着くようだ。












  1. 観光
  2. tb: 0
  3. cm: 2
  4. [ edit ]

氷上山

8/2 氷上山へいった。ハスを伊豆沼に観に行くのでそのついでに山に行こう、と言う計画
こういう低い山を真夏に登る人はあんまりいないだろう。連日の猛暑続きの中だけど、あたしはさほど苦じゃない。


切通しを歩く。
小さい山なのに何個も社があった。信仰の山なのだと思う。
IMGP7212.jpg


今日はキノコ観察会も兼ねている。こういう切通しのあるところはチチタケが良くはえる。
でも、今回はチチタケは1つだけ。同じ出汁の美味しいキノコとしては緑青ハツタケもある。これまた腐ったのが1本だけはえていた。
ヤマドリタケモドキらしきものは沢山はえていたが、イグチは自信がない。全部同じに見える。
こんな時、イグチに詳しいみどぽんさんがいてくれたら、と思った。





センジュガンピ
IMGP7255.jpg





祈祷ヶ原のネジバナ
祈祷ヶ原が日当たりの良い草原になってるせいか沢山咲いてた。
IMGP7246.jpg








立派な避難小屋。
小屋の前にキャンプ場みたいな炊事場まである。
P1010643.jpg





小屋の中も立派。 趣があるストーブ。
大なべもあったから、秋にはみんなで豚汁会でもするんだろう。

外はアブとハエだらけ。酷いことになってる。とてもおやつを食べられる環境になかった。
小屋があって本当に助かった。マンゴーのムースケーキとシソジュースで一服した。
P1010644.jpg



NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

プロフィール

マス1110

Author:マス1110
・アクセスカウンターは2014.12.8から設置です。

・愛読書はおかずのクッキングです。
・趣味はしいて言えば草むしりです。
・写真はコロちゃんです。平成元年生まれ。平成16年没。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック