Category猫 1/26

はんちょう

ゆずハンチョウ「ゆず君は半長毛種だよ」とSONEさんが言った。なるほど、ゆずハンチョウか。ゆず班長。むしろ藩長かな。藩の長 殿様か。なんて話し合っている間もゆず班長は ぴくりともせずに熟睡してた。さすがだな。...

  • Comment 2
  • Trackback 0

狙われたゆず君

弟がゆず君を狙っている。「ゆず君がいると ねえちゃんは泊りで旅行に行けないだろうから、俺が預るよ」なんて、親切顔してただ、あいつはゆず君が欲しいだけなんだ。ずっと前、飼っていたシロは よく放浪の旅に出る犬だった。何回もいなくなり、その度に河原で保護されてた。お母さんは「可愛いからさらわれたに違いない」と確信してたけど、控えめに言って「薄汚れた老犬のシロ」をさらって行く人がいるんだろうか。そして、可...

  • Comment 0
  • Trackback 0

ゆず君がゆず君であるということ。

ゆず君の1番に可愛い所はどこなのか。真剣に考えた。人懐っこい所か。はたまた尻尾と手足だけシマシマなところか。顔か。あれこれ考えた挙句に、ゆず君がゆず君であるということじゃないか。ゆず君とは何か。ゆず君は猫だ! と、突然ひらめいた。一番近くにいる理解者SONEさんへ「ゆず君の一番に可愛い所って三角耳の猫だってことだと思うんだよね。耳だよ」と考察の結果を報告。しかし、即座に却下された。...

  • Comment 0
  • Trackback 0

好色ゆず君

こんな赤ちゃんみたいな見た目に反してゆず君はすごい女好きで、すぐ女の子に夢中になる外を歩く女の子へ声をかけてさしあげるのは、ゆず君のライフワークの一つだ。先日、たまには交流したいだろうと 窓を開けて網戸だけにしてあげたら、まんまと女の子のキャッチに成功。網戸越しに鼻をつきあわせて挨拶をしたらしい。これが網戸越しに挨拶をした かわいこちゃん。この子と交流をして以来、ゆず君はちょっと変になってしまい ...

  • Comment 2
  • Trackback 0

氏より育ち

12月半ばから毎日背中の肩甲骨あたりが重苦しい。寒くて血液循環が悪いんじゃないかと思う。夏でもひんやり冷え切っているあたしは、冬はなおさら酷い。ついにシモヤケになったので、寒い家の中で家事はしない。コタツでじっとしている事にした。コタツにいることにしたのは、シモヤケだけでなく、ゆず君がうるさく誘いに来るのもある。早くみんなで一緒にくつろごうよ~っていう雰囲気をかもしだしてジロジロみてくるコンロの近く...

  • Comment 0
  • Trackback 0