2018_06
06
(Wed)23:21

オンリーワン

誤解の多い生涯を送って来ました。


マリリンモンローとベティーちゃん、
前川清と新沼謙治
どっちがどっちなのか区別がつかなかったばかりか、少し前まで同一人物だと思っていました。


ゆず君はオンリーワンです。
世界で一つだけの花的な意味合いで言ってるのではなく、単純に変な顔だからです。

2018021702.jpg




スポンサーサイト
2018_05
24
(Thu)23:24

時候のあいさつ

今は換毛期だから良く食べるんじゃないか。
でも、ちょっと前は「冬は寒いから沢山食べないといけない」って言ってた。

もうちょっとしたら今度は「夏は暑いから食べて体力つけないと…」って食べるんだろう。
太っている事に、季節柄は関係ない。

なんだかんだ理由を付けて食べるから駄目なんだと思う。

P5010394.jpg




ゆず君は、3年前 白血病を発症した際にはご飯が食べられなくなって死にかかった。
あれ以来、いつでも食事と水が摂れるようにしている。


P5130471.jpg





元々はパンパンに太っていたのに、ガリガリにやせ細って死んだハナちゃんを思うと、美味しく食べてるのは健康な証拠だな、と ついつい甘くなる。



ゆず君のお腹はとろけるような肌ざわり。
P5180475.jpg

自分が痩せるのは簡単だけど、ゆず君の食事制限は難しい。


2018_05
21
(Mon)23:15

公募

P4210377.jpg

2か月ほど前 ブログにSONEさんのお誕生日会の告知を載せた際、いちはやくコメントをくれたまゆさんと友達になった。
送ってくれたアドレスにメールが送れなかったので、こちらから突然に電話をして友達になった。

昔よく知らない人から電話がきたり、メールが来て、メル友になったり会ったりしたこととか
道端やらお店で 知らない人から声かけられたり、声かけたりしてた事を思い出した。
単に私が若かかっただけなのか、世の中がそういう時代だったのか。


ちょっと前まで、一人で出かける前に「知らない人と気軽に話をしないように」とSONEさんから注意を受けていた。

私にそんな用心深さがあったら いまごろ SONEさんと結婚してなかったと思う。
飛んで火に入る夏の虫…?
なんていうんだろう、こういうの。





2018_05
18
(Fri)23:23

際限なし

P5030397.jpg
布団に行くと すでにゆず君がスタンバイして待ってる。
真ん中にいられるとあたしは入れないので、しかたなくはじっこに体をすべりこませるしかない。
そうなるとゆず君の思うつぼで、あたしの腹か足を枕にして自分だけ長くなって気持ちよく寝ている。



ゆず君は伸び縮み自在。

腹の上でくつろぐゆず君。
腹に乗りきれなくて、はみ出た足はクッションにのってる。

P5130468.jpg





ゆず君の増長はとまらない。やりたい放題だ
P5130459.jpg



2018_05
15
(Tue)23:08

次の段階


ゆず君は 美味しいものがもらえるのは当たり前になってしまったみたいで、最近 全然喜ばなくなった。
何をしたいのかというと、何にもしないでみんなでゆっくりしたいんだろうなと思う。

ハンターと猟犬の変な模様のセーターを着たあたしの膝の上でくつろぐゆず君
dakko.jpg




愛情をかけた分だけ ゆず君は愛情を返してくれる。
弟はゆず君が大好きだから、ゆず君も弟が大好きだ。


いつのまにか、ゆず君と弟は次のステージにすすんでいたようで、この前来た時は 遊んであげなくても一緒にいるだけで満足してた。

P5120428.jpg



弟はレディプレイヤーワンの主人公に似てる。
でも、弟は「俺は冷蔵庫の上で寝ない」と言っていた。