2018_02
13
(Tue)22:03

カルパス

P2130185.jpg

山で食べようと思って買っていたカルパスが大幅に賞味期限が切れてたので、さっきおやつにした。
塩っ辛くて高カロリー、しかも美味しい。完璧な山食だ。
カルパスはお茶うけにも酒のつまみにも、おやつにも良い。非常に優れた食べ物だと思う。

ただ、本当に疲れてしまったら、こんな油っこいもの食べられないから、その点だけマイナスかもしれない。


山でバテて、赤くなったり青くなったりしていた同行者に 
「食べたくなくても、しょっぱいものと甘いものを口に入れて無理にでも水で流しこんで食べると良いよ」と、励ましたけど、
そんな元気も残っておらず、呑み込めなかったのを思い出した。


よくよく見ると「大豆、鶏肉、豚肉、牛肉、卵、乳、小麦、やまいも、りんご、ゼラチン」とアレルゲンの巣みたいな食いものでもあるらしい。
 

スポンサーサイト
2015_10
13
(Tue)23:42

登山靴の新調

歴代3足目の軽登山靴がいよいよ駄目になった。
2足目からはずっとアゾロ。
アゾロ大好き。

色々持ってる山用靴の中で通年一番はいてるのはこの靴なので、わりと持ったほうだと思う。
その次がスパイク長靴かな?


すっかり型崩れした3足目。これから使う4足目、5足目。

多肉花 020






3足目はサヨナラ。次からは4足目(左)をおろす予定。
これはネットで半額以下で購入。
5足目(右)はいつものゼビオで半額で購入。いつも2万円台の靴を半額で買ってるんだけど、ワンランク上の革靴が半額で売ってたから形も同じだし早速購入した。
多肉花 021

去年からゼビオでアゾロ売ってなかった。この革靴は在庫処分だそうだ。
モンベルでアゾロ売るようになったから取り扱えなくなったのかと単刀直入に質問したらやっぱりそうらしい。

固定しないで、どこででも気軽に買えるようにして欲しい。





2015_08
29
(Sat)10:54

沢靴の修理

キャラバンの沢靴は2回履いた時点で横の縫い目がほつれた。
あの時は、SONEさんがゴム用のボンドで貼り付けて直してくれた。

どうせ濡れてしまう靴だ。靴の体裁を保っていれば使用に耐えられる。
たけのこおこわ 043




しかし、今年も1回しかはいてないのに、ボンドでくっつけた脇からほつれてきた。
アプリコットノタルト 017




左右両方とも、縫い目から分解の危機に瀕している。
あ~あ。ひどいな。
アプリコットノタルト 020







ボンド登場。
アプリコットノタルト 022






あたしはこう見えても、非常に手際が悪く不器用だ。
またまたSONEさんが直してくれた。

ほつれた隙間にボンドを塗り養生用のテープでぐるぐる巻きに固定する。完成。
アプリコットノタルト 024





もう夏も終わり。これで来年の沢も安泰だ。
ボンドで補修したところは少なくともほつれてないので、今後も はがれたところを都度補修していけば
強度をました靴にしあがる、と思う。





2015_05
31
(Sun)22:57

靴はTPOに合わせて。


kutu.jpg


山の靴もだんだん増えてきた。

ほぼオールシーズン革靴の人がよくいる。
どんな山に行くかによって必要な道具が変わるからこれは個人的な問題だけど、靴はTPOにあわせるのが一番いいような気がする。



・スパイク長靴 急な藪山、ちょっとした渡渉のある山、ちょっとした雪渓のある山、山菜取り
たけのこおこわ 035








・沢用フェルト靴 沢用。これはキャラバン。何の加減か、さほど履いてないのに壊れてきた。側面のほつれをゴム接着剤で補修。でも、またすぐ壊れそう。
たけのこおこわ 043





・ハイキングシューズ 沢のアプローチ用 純粋に沢というよりも山の沢コースを歩くことがほとんどなせいか、アプローチシューズじゃ歩けなかった。足首が弱くてローカットだとすぐひねっちゃう。
荷物を軽くしたいから普段よりも軽い靴で足首まである靴というチョイスでキャラバンのハイキングシューズ。1万くらいで購入。
たけのこおこわ 034






・軽登山靴 初夏から秋までは基本的にいつもこれ。足首が高くて固いと膝がおかしくなる。かといって靴底が柔らかすぎても疲れる。2万くらいの軽登山靴でちょうどいいようだ。2年位しか持たないから、もったいなくて高い靴は履けない。



たけのこおこわ 032
山に行くオーラゼロらしく、靴を買いに行くとモンベルの初心者用の靴をいつもすすめられる。
モンベルは足に合わないから買ったことない。幅が広いと靴の中で足が遊ぶから歩きにくい。
細身な靴がすき。スカルパかアゾロ。
しばらくアゾロだったけど、モンベルでアゾロ取り扱うようになってから安売りしなくなったような気がする。
気のせいだといいんだけど…。







・革靴 雪山用。マインドル。 アイゼンもこれにあわせて買った。
たけのこおこわ 044








・スキー靴(写真なし)
SONEさんが小男なのか、あたしが大女なのか、いろんな物を兼用できる。
スキー靴はお下がりでもらった。あんまりスキー行かないから何回かしかはいてない。












だんだん歩く距離が長くなるにつれ、足裏の皮がベロベロむけて痛くてしかたなかった。
山を始めた当初はすっかり頭が変だった。足の皮がむけてかかとが血まみれになっても気にせず山に週2~3回一人ででかけていた。


インソールを買ったりもしたけど、全く効果が分からなかった。個人的には靴底が固めの靴であればインソールの有り無しと足の疲れは関係ないようだ。
靴下を2重にしてみたこともあった。でも、あれはかえって蒸れてすれてしまうから逆効果だった。
今は冬はウール、夏は厚手の靴下1枚で歩いてる。

「これからも永遠に足裏の皮がベロベロむけてかかとが血まみれになり続けるのか。でも、それもしかたない」と、受け入れた頃に、偏平足が治って足にアーチができた。自然に皮がむけなくなったから、ただ単に運動不足だったのかなと思う。
山に対応した足裏になるまでにずいぶんかかった。



2015_05
25
(Mon)22:30

ブヨ対策

GW 大東岳にて。
この時もブヨがひどかった。
u0-cus-d2-b31b5a4d4487d4a94aa1bf24feba8ea7^pimgpsh_fullsize_distr


あたしは過敏な方なのか、夜寝てるときに蚊に刺されて痛みで目が覚めることが良くある。
山にいてもブヨが刺すと痛くてすぐ気がつく。刺されてすぐにはらうと大した事ないけど、
すぐにはらわないでちょっと吸われると腫れちゃう。
対応策としては、ブヨに刺されたところを強くつねるといい。


SONEさんが「釘を手に刺した時は刺したところをトンカチでガンガンたたいて悪い血を出すと腫れなくていい」と言ってた。

あたしには自分の手をトンカチでガンガン叩く勇気なんてない。
釘が手に刺さることそのものよりも、トンカチでガンガン叩くことのほうが恐ろしい。
蚊に吸われただけでも痛いのに、いつかトンカチで自らの手を叩いた日には痛みで死ぬんじゃないか。

でも、トンカチの応用として自分のほっぺをつねる位ならできる。





虫除けハッカ
時計 113

ミントって大概みんな持ち歩いてるけど、効くの?
あたしは効いた事ない。
時々きまぐれに人に噴霧。目潰しして楽しんでる。気分転換に良い。






ブヨがひどくてごはん食べられない時は、扇であおぐとブヨが風で飛ばされて顔の周りに寄らない。
実際、ブヨを風で飛ばしながら食事摂ってもあんまりおいしくはないが、いたしかたない。

これは100円のプラスチック製
時計 116






ネットをかぶって養蜂家になるという手もある。景色が見えないし、なんとなく息苦しいからめったにかぶらない。
時計 111

痛いと思ったときにめんどくさがらずにブヨを追い払えばいいんだけど、あまりに沢山いすぎて大変な時にかぶる。
ブヨって雪渓付近によくいる。残雪期の山は特に虫刺され注意だ。