2014_05
25
(Sun)09:05

タルト・ド・ルバーブ

IMGP5024.jpg





今月の教室はタルト・ド・ルバーブ
ルバーブというすっぱいハーブを使ったタルト。

先生はルバーブを富谷の産直で買ったそうだ。

薬莱山の麓にあるやくらいガーデン内のハーブ園で見たルバーブが思いのほか大きくて驚いた記憶がある。
大きいフキをイメージしていたら意外とスカンポっぽかった。
スカンポもすっぱいらしいし、2つは似てるのかもしれない。ちなみに同じタデ科らしい。




タルト生地、アーモンドプードル、クリームチーズ、ルバーブを重ねて焼く。
それだけ書くと簡単そうだけども、上に乗せるルバーブを煮てシロップにつけること1時間。
それからタルト生地の上に塗るジャムも作らないといけない。
ルバーブの下処理だけでけっこう時間がかかってしまった。
P1060796.jpg
焼きあがったルバーブのタルトは濃厚なチーズとすっぱいルバーブがうまく合って美味しかった。
しかし、ルバーブって売ってるの見たことないな。スカンポで代用できないものだろうか…。







ルバーブのタルトに使ったジャムが余ったのでパンに塗って食べた。


あたしはジャム好きで100円で売ってる紙の容器に入ったジャムをしょっちゅう食べてる、と先生に話した所
あんなものはジャムじゃない、と言われた。

あたしはジャム好きではなく、ただのお砂糖好きらしい。
アリみたいに。
P1060794.jpg




スポンサーサイト
2014_05
13
(Tue)07:39

焼きドーナツ


IMGP5754.jpg
今年も花にらがキレイに咲いた。
もともと庭に植えてあった花にらも肥料をやっていたら大きく咲いた。
これは空き地にあった花にらを助けたもの。今は空き地はアパートになってる。助けてよかったと思う。






今月の教室
カラメルナッツ クイニーアマン風とじょうよ饅頭と焼き饅頭

簡単なクイニーアマン
本式はクロワッサン生地で作るものみたいだけど、これはパン生地。
切ったパターと三温糖を型に入れて焼くとクイニーアマンっぽくなる。

クイニーアマン習いたかったんだった。
カリカリしてて美味しかった。
兜明神 010





焼きドーナツとチーズベーグル
このベーグルは茹でないで表面に水を塗って焼くやり方。

焼きドーナツは以前ケーキ教室でも習ったっけ。あの時はドーナツの形をしたパウンドケーキだと思った記憶。
今回はレモン入りのパン生地で作った。

表面のトッピングが5種類もある。
砂糖がけ、きなこ、レモン、イチゴ、抹茶とにぎやかだった。
兜明神 016





パンは基礎講習が終わってセミナー受講中。
パンの方は単発講座をちょくちょく受けている分セミナーの進行がだいぶ遅れてる。
でも、まぁマイペースでこれからも行こうかという事になった。一緒に受けてる友達もパンは継続したいというので、こんな調子でこれからも継続していこうと思う。


問題は和菓子。
和菓子は来月に基礎講習終わり。基礎のあとは順当に行けばセミナーに進む訳だけど、どうしようか悩んでる。



実はパスタのセミナーも半端になってるし…。


パスタばっかり、和菓子ばっかりも飽きるから料理の単発と和菓子セミナーを交互に受けようかな。


2012_07
17
(Tue)19:49

ノア・アメール

海の日の三連休初日はケーキ教室に行ってきた。
ノア・アメール。
ノアアメール 007








アーモンドプードル入りスポンジ生地・ホワイトチョコのバタークリーム・糖衣のクルミ・アーモンドプードル入りスポンジ生地・カスタードクリームとカラメルのムース、の5層。
ケーキの周りには薄いラングドシャーのクッキーが沿わせてある。
ノアアメール 001



1個のケーキを作るのに沢山のパーツが必要なので時間がかかった。

意外と大変なのはラングドシャー。
とても暑い日だったからか、バターが溶けて生地がだれぎみに。
もともと薄くて軽い食感のクッキーではあるけれどちょっとひらべったくなりすぎた気がする。

食べてみると、
カラメルとカスタードを合わせたムースは濃厚だけど甘すぎない。
飴がけしたクルミの食感がいいアクセントになっておいしかった。