広東飯店 美香園

びこうえん 012



10月 土岐麻子ライブのあとTaku-oさん夫婦の案内で『広東飯店 美香園』へ行った。
B級グルメとして有名、かつ宮城県人はみんな食べてる と、テレビで紹介されたマーボウ焼きそばが食べられるお店でもある。
いつももっともらしい嘘をつくケンミンショーはさておき、とっても美味しいお店だったので12/5再訪する事にした。





仙台ホテルって今もうないらしい。
元仙台ホテルの中華料理シェフのお店ということで、美味しいのはもちろんボリュームがある。



スーラータン麺
上にのってるのは刻んだレタス
酸っぱさとあんかけのトロミ加減が丁度良い。
細麺で歯ごたえがないのも、個人的には気にならなかった。

びこうえん 007





あんかけ焼きそば
固焼き麺の上にけっこう甘い具沢山のあんかけ。
甘いものが好きだからこれもおいしかった。

びこうえん 009




ショウロンポウ
餃子とショウロンポウの違いは何なのかと言うと、蒸し物のショウロンポウと 焼くか茹でるかの餃子では調理方法が違う。

それから、やってみればわかるけど、パンでも和菓子でも濡れている物を包むというのは至難の業なのだ。
プリンをパン生地で包んだ時でさえ くじけそうになった。

ショウロンポウを作るときは、肉汁をゼラチンで固めた状態で包んで蒸すのが普通だろうから すごく包むのが難儀だと思う。

びこうえん 010






とか何とか言って、一番おいしかったのは餃子。
ジューシーで驚いた
びこうえん 013








スポンサーサイト

大南軒

10/8 亀割山の帰り。皆で尾花沢の大南軒で食事。


ニュー担々麺
担々麺だけど、辛み入りのちょっと変わったラーメンだった。
エノキ、かき卵、ワカメと具たくさん。

どこら辺がニューなのかは謎。
コックオーヴァン 029





いつものチャーハン
コックオーヴァン 030
このチャーハンは普通の量の2~3倍量がある。
しかも美味しい。

チャーハンはぱらっとし過ぎて乾燥していても、油っこくてもいけない。
パッと見、チャーシューと蒲鉾、卵が具のありふれたチャーハンに見えて、ご飯のぱらっと具合と しっとり感、塩加減が絶妙。

今まで食べたチャーハンの中で一番美味しいチャーハンだ。


行く度違うラーメン食べてるけど、チャーハンが不動のナンバーワンだと思う。


葉山、味蔵


あたしのホームは村山葉山だと思う。いつ来ても落ち着く。

登山を始めて直ぐの頃は、一人だったから割と慎重にやってた。
最初は先達に話を聞きに行く。それから登山口の下見。次は登れるところまで登る。あとは日帰りで山頂を踏めるまで何回も何回も繰り返し通う。

今にして思えば、畑コースから往復歩き通すこともできなかったなんて絶望的な状況だったのに、全く気がついてなかった。
それでも、葉山をこつこつ登っている内にちょっとつづ歩けるようになり、やっと山頂を踏んだ時はとても自信がついた。
あたしの中では記念の山だ。

10/4 山の内コースからシャムコースを歩いた。
シャムコースはすごい藪だと聞いていたけど、葉山でトレラン大会をやり始めてから刈り払いするようになったらしい。



歩きはじめ。登山道脇のサルナシ。
キウイみたいで美味しい。本当は硬い実をとってきて果実酒にしたかった。
ふれんどりー 006




ブナシメジ
今年は例年になくブナシメジが採れた年だった。いい匂い。
ふれんどりー 011



ナカシィさんからご馳走になったおつまみ。
チーズ、ハム、卵焼きが串に刺してある。
深い理由はないんだけど、今回 あたしは何もお菓子を持ってこなかった。
甘いものがないとなんとなく寂しいものだ。morinoさんからも大福とチョコを頂いた。
ふれんどりー 012



座禅岩
今回も岩の上には降りないで眺めただけ。
ふれんどりー 022





5年前に来た時は座禅岩~お花畑まで紅葉が見ごろで綺麗だった。
今回はちょっと遅かった。終わりかけてる。

苔の草紅葉。
ふれんどりー 027



烏帽子岩周辺。
惜しいなぁ。葉っぱがチリチリになってる。
ふれんどりー 030



下りはシャムコースを帰る。
あたしはいつもそうだけど、登りであんまり頑張らないので下山時も余力がある。
ダラダラ長いのもそう気にならなかった。

毎度のことながら今回も17キロ歩く。ハイペースで歩き通す体力は当然ないから、キノコを採ったり猫の話をしながら無理のない程度に歩くといいようだ。



しかし、思いがけずシャムコースの途中が藪になってたのは驚いた。
ヤマブドウに夢中になっていたせいもあって道を外しかけた。

ゲリラ兵みたいになったmorinoさん。
蔦みたいなのが繁茂して歩き難い藪だった。
ふれんどりー 037




戦いすんで日が暮れて。
冷たい肉蕎麦を食べに行こうと歩いてる時は話をしていたのに、下山したら寒くなってしまったのであったかい物を食べたくなった。
いつもの味蔵へ。

サービスのもやし炒めと麩の炒め物
ちょっと独特な味でどっちも美味しかった。
ふれんどりー 038

 
油淋鶏定食
ふれんどりー 039








イルケッチャーノ

加茂水族館へ行く前、ぶらっとイルケッチャーノへ行った。
2年前かなぁ。職場の慰安旅行でアルケッチャーノへいって食事したことがあったけど、お隣のイルケッチャーノには行ったことなかった。イルケッチャーノはお菓子のテイクアウトもある。ピザとパスタ中心でレストランというよりも軽食の位置づけらしい。


パスタかピザ1品とサラダ、ジェラード、お茶のコースを注文

ルッコラ、レタス、プチトマトのサラダ。
上に米?を炒ったものがかけてある。香ばしい。
加茂水族館 006






モッツァレラとバジルのトマトベースのパスタ
塩気が薄い
素材そのものの味しかしない。トマトは確かにおいしかった。
加茂水族館 007






クアトロフォルマッジ
ゴルゴンゾーラ、モッツァレラ、タレッジオ、グラナパダーノの4種のチーズのピザ
後ろ2つのチーズはいったいどんなチーズなのか見当もつかない、が、おいしかった。
ちゃんと発酵したピザ生地だったのが良かった。発酵がうまくいってる生地はおいしい。
加茂水族館 008






塩ジェラードと秘伝豆の豆乳ジェラード
加茂水族館 011



奥田シェフはテレビにでたり、本を出したり、地産地消のイベントに出たり。大活躍してる。
店内にもオリジナルの塩やお茶や本を売ってた。
今度、パン屋さんもプロデュースするそうだ。

あたしは、なんだかとっても落ち着かない気分になってしまい、いつものお店ののびきったナポリタンが恋しくなってしまった。









軽食という通り、量が足りなかったので「腹いっぱい食べたいね」と、夕食はいつもの味蔵へ行った。


サービスでおつまみが食べられる。
大根と人参の甘酢、キュウリとこんにゃくのゴマダレ合え、干し豆腐の和え物。甘酢が特に前菜として良かった。
加茂水族館 156






酢豚定食にした。
酸味がレモン?みたいな爽やかな酸味でつんとしなくて食べやすい。
肉を小さく切って揚げてあるからか、食感が良かった。
加茂水族館 157







味蔵・油淋鶏

2/16 また味蔵へ行った


油淋鶏定食

思ったより以上のすごいボリューム。
味蔵 001




油淋鶏ってもっと大きく切ってある鳥唐揚げのイメージだった。思ったよりも細切り。
でも、食べやすくてこれはこれでありかも。

甘酢とネギの辛味がちょうどいい。
味蔵 002



SONEさんはマーボウ定食を食べてた。
マーボウも美味しかったなぁ。
あんまり辛すぎないところがいい。



プロフィール

マス1110

Author:マス1110
・アクセスカウンターは2014.12.8から設置です。

・愛読書はおかずのクッキングです。
・趣味はしいて言えば草むしりです。
・写真はコロちゃんです。平成元年生まれ。平成16年没。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
検索フォーム
リンク
アクセスカウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
猫好きのためのコミュニティーサイト
QRコード
QR