たまて箱

氷河期到来です

byマス1110
  • Comment:1
  • Trackback:0

ムース・キャラメルショコラ

今日は気仙沼の君ヶ鼻山にでかけた。

麓から見た時はさほど雪がありそうに見えなかったから、かんじきを置いて行ったら酷い目に会った。

山頂までの3時間半ずっとこの調子。つぼ足ラッセルがきつかった。
完全に君ヶ鼻山をなめてた。

IMGP8246.jpg


雪が固いか軟らかいか どっちかだと良いんだけど、もなか雪でミックスだったから 1歩1歩ジリジリしか進まない。
2時間半で往復できる道のりを倍以上かかって歩いた。

しかし、足がつりそうになりながらも 途中からすごく楽しくなってしまい、やっぱり山は良いなーって なった。


後ろを振り返れば、「たまには2人で山に行くのも楽しいよね」ってSONEさんがニコニコしてた。
確かに、この状況下を楽しいと思える同行者は お互いにお互いしかいないだろう。今日は2人がベストだった。





途中の山神。右の山神が早川さんに似てる。
IMGP8242.jpg







今日のおやつ
「簡単に登れる短い山」だと言われて、本当にそうだったことがあんまりないので、信じないでおやつを多めに持ってきてた。



甘酒羹

甘酒と生クリームのババロア風寒天と甘酒の寒天の2層。上に乗ってるのは生姜のシロップ煮
甘すぎ無くて美味しい。
IMGP8237.jpg




ムース・キャラメルショコラ

大幅に遅れたバレンタイン。
ココアスポンジ、カラメルとカスタードを合わせたムース、チョコゼリーが層になってる。濃厚で美味しい。
IMGP8255.jpg




スポンサーサイト
byマス1110
  • Comment:0
  • Trackback:0

名前をつけてやる


P1030642.jpg

今日、突然。 弟から「ねえちゃんの最終学歴教えて」とメールが来た。

なんの調書なんだ、それ。
家族の欄にあたりまえのように違う名字の人間を登場させないでよ。


しかし、そんなこと言ってる私自身、電話口で旧姓を名乗って相手を絶句させる事が未だにある。

結婚してから名前は大事だなと思ったり、ただの記号だと思ったりする。



茶色い太った健康体猫 ゆず君も、ゆずじゃ無く ハナちゃんや、ミミみたいに体の一部分の名前にすれば良かったと
思う事もある。


自分の名前を決める時にもっとお洒落な名前にすれば良かったかもしれない。

マスじゃ無くて 花の名前にするとか。ハナダイコン、ハナニラなんてどうだろう。






byマス1110
  • Comment:0
  • Trackback:0

豆腐のすっぱ辛スープ

2/9
・牛皿
・イワシのフライ
・千切りキャベツ(SONEさん作)
・茹でたホウレンソウ
P2090150.jpg

あたしは白いご飯をぐちゃぐちゃにするのが好きだけど、
SONEさんは白飯を愛しているので、なるべく綺麗に食べたい。
そこで、お皿に盛ることになった。





2/11
・ひっぱりウドン
・ぶりの油淋鶏風
・茹でた菜花
P2110168.jpg

雪かきで疲れたSONEさんが温かい物が食べたいというので、うどんにした。

雪かきと灯油つめと庭木の剪定は男の人の仕事なので、あたしはやらない。
灯油を自分でつめるくらいなら寒くても我慢するくらい徹底している。




2/12 昼
・インスタントラーメン
P2120176.jpg

袋ラーメンには変なこだわりがあって、チャルメラの塩ラーメン以外はあんまりすきじゃない。
これはチャルメラじゃないから色々具を入れて誤魔化した。
チャーシューは、いっかい茹でこぼした豚肉を軟らかく煮てから、醤油で煮た。





2/12 夜
・しゅうまい
・あんまん(市販)
・キュウリかにかまラッキョの和え物
・豆腐のすっぱ辛スープ
P2120180.jpg

ショウロンポウだと思っていたものが、あんまんだった。
ショウロンポウ→肉まん位は予想してたけど、想像の斜め上のあんまんだった。危なく醤油付けて食べるとこだった。

しゅうまいは味を付けてあるから、そのまま食べられる。オイスターソースがポイントだと思う。

スープは絹とうふ、ラー油、香菜、酢、醤油をおわんに入れてお湯を注ぐだけ。
もちろん私が考えたんじゃない。本に載ってた。




byマス1110
  • Comment:0
  • Trackback:0

カルパス

P2130185.jpg

山で食べようと思って買っていたカルパスが大幅に賞味期限が切れてたので、さっきおやつにした。
塩っ辛くて高カロリー、しかも美味しい。完璧な山食だ。
カルパスはお茶うけにも酒のつまみにも、おやつにも良い。非常に優れた食べ物だと思う。

ただ、本当に疲れてしまったら、こんな油っこいもの食べられないから、その点だけマイナスかもしれない。


山でバテて、赤くなったり青くなったりしていた同行者に 
「食べたくなくても、しょっぱいものと甘いものを口に入れて無理にでも水で流しこんで食べると良いよ」と、励ましたけど、
そんな元気も残っておらず、呑み込めなかったのを思い出した。


よくよく見ると「大豆、鶏肉、豚肉、牛肉、卵、乳、小麦、やまいも、りんご、ゼラチン」とアレルゲンの巣みたいな食いものでもあるらしい。
 

byマス1110
  • Comment:0
  • Trackback:0

鮭のクールブイヨン バターソース添え

1/11 料理教室

カリフラワーのムースサーモン添え
クリスマスのリースサラダ
パプリカ風味の豚肉のプレゼ
鮭のクールブイヨン バターソース添え
赤ワインのりんごのコンポート


P1110127.jpg





豚肉のプレゼ
鍋ごとオーブンに入れてじっくり煮るのをプレゼと言うらしい。
今回は圧力鍋で煮たから簡単。
パプリカ、白ワイン、バルサミコ酢で豚肉を煮るだけ。
P1110129.jpg




鮭のクールブイヨン煮、バターソース添え
香味野菜でグラグラ煮た鮭にレモン風味のバターソースをかけたもの。

意外とレモンソース作りが大変で、卵黄と生クリーム、レモン汁をえんえん混ぜ続ける。
途中だまになりそうになっても根気強くまぜていくとやっとできる感じ。

茹でて脂気の抜けた鮭に濃厚なレモンソースが合ってた。
P1110130.jpg




カリフラワーのムースサーモン添え
赤ワインのりんごのコンポート
P1110131.jpg


カリフラワーと生クリームをゼラチンで固めたムースが意外と濃厚だった。

赤ワインで煮たリンゴの下に 薄力粉とバター、抹茶のクランブル(そぼろ)。
これ美味しかった。カリカリのクランブルとリンゴにが良く合う。また作りたい。





byマス1110
  • Comment:4
  • Trackback:0

優秀なキノコ採りへの道

P2040134.jpg

今日は久しぶりにバスで実家へ帰った。冬期、仙山線は止まるのがデフォルトなので、バスで帰った方が安全なのだ。
帰りは弟が車で送ってくれた。
弟はゆず君に会いたかったし、お母さんは数の子だのウィンナーだのを私に持たせたかったし、ばあちゃんは一人で実家に来るなんて夫婦の危機じゃないかと思っていたし。色々と家族の思惑があって、送ってもらうことになった。


送ってもらう道中、弟と株の話をした。

(天童辺りを通過中)
「2年後の日本を考えれば おのずと買うべき株が見えてくる」という、誰かの受け売りを教えてくれた。
株を買う人って言うのは、官僚並みにこの国の行く末を考えないといけないものらしい。

(関山の山越え中)
好きな会社の株を買うという方法もあるらしいんだけど。
いかんせん あたしは全く物欲がないので、好きな車会社も、好きな山ブランドもない。お菓子の器具だって100円均一で買ったものでほとんど足りてる。ケーキ教室は毎月通っている。でも、2回も倒産した会社の株なんて恐ろしくて買えるわけない。


1シーズンでまつたけを20本採った伝説のキノコ採りに聞いた話を唐突に思い出した。
台風が来ると世間の人は困って台風は来ない方がいいって思うけど、大きいブナの木が倒れる大きい台風が来るとキノコ採りはみんな喜ぶ。ブナが倒れるとキノコが沢山生えるから。

今は株暴落中だから、買い時なのは確かだ。
この暴落は世の中の人にしてみたら迷惑でしかないけど、買いたい人にとってはチャンスってことだ。


(作並み通過中)
証券会社からは、イオンと吉野家とホーマックの株をお勧めされた。
「あんた位の年収の人って イオンで買い物して、吉野家で外食して、ホーマックの洗剤でお掃除してるんでしょ」って、うすら笑い浮かべられてるような気がした。




あたしは優秀なキノコとりになりたい、と思った。


byマス1110
  • Comment:0
  • Trackback:0

北京ダック風薄餅包み

2/8 おもてなし料理を習った

鶏の北京ダック風薄餅包み
・拌冷菜
・えびとパプリカの炒めもの
・黄金色の冬瓜スープ
・白ごまの中華ブラマンジェ
P2080148.jpg




P2080144.jpg
焼いた薄餅に白髪ねぎ、キュウリ、照り焼きの鶏、甘味噌を巻いて食べる。
甘味噌がおいしい。


しかし、薄餅を薄くのすのがとっても大変だった。こねる時もラードが入ったやわらかい生地だから手についてべたべたに。
パンをこねる要領で なんとか生地は出来たけど、のばすのは上手くいかず。分厚くておいしくなかった。
薄餅はインドのチャパティに似てる。チャパティはアター(全粒粉)だけど、これは強力粉だから、餃子の皮みたいな配合。



P2080140.jpg
拌冷菜
塩クラゲ、きゅうり、パプリカ、長ネギ、カシューナッツ、揚げそば、コリアンダーを細く切って甘酢であえたサラダ




P2080138.jpg
白ごまの中華ブラマンジェ
通常はアーモンドで作るブラマンジェ プリンみたいなの を白ゴマで。
香ばしくて美味しかった。


写真がないけど、今回一番美味しかったのはえびとパプリカの炒め物だった。
エビ、イカを卵白でからめてからじっくり炒める。塩味だけでも美味しかった。
そのうち、また作りたい。


byマス1110
  • Comment:2
  • Trackback:0

はんちょう



ゆずハンチョウ
P2010122.jpg



「ゆず君は半長毛種だよ」とSONEさんが言った。
なるほど、ゆずハンチョウか。

ゆず班長。むしろ藩長かな。藩の長 殿様か。

なんて話し合っている間もゆず班長は ぴくりともせずに熟睡してた。
さすがだな。




byマス1110
  • Comment:0
  • Trackback:0

カマの照り焼き

1/28
ポテトサラダ
カマ照り焼き(市販)
大根の梅和え
ロールキャベツ

マグロは好きじゃないけど、カマは美味しいと思う。びっくり市で500円だった。
ロールキャベツはおでんの残り汁に具を入れて作ったら、意外と美味しかった。
1月28



1/30
親子丼
ポテトサラダ
鶏手羽と大根の煮物

何も考えてない献立シリーズ。
意図せず鶏づくしみたいになってる。本当に何にも意図してない。
1月30




2/1
豚肉のリンゴまきカレー煮
ミートソースオムレツ


最近青菜が高いのと、寒くて買い物に行きたくないのとで野菜が足りてない。

でっかい肉の塊の入ったカレーだヾ(o´∀`o)ノって喜んで食べたSONEさんが「うわっ」ってびっくりしたらしい、豚リンゴまきカレー。
あたしはお料理に果物やドライフルーツを使うのが好きだ。特にリンゴ。でも、SONEさんの期待を裏切ったようなのでこのカレーはもう作るの止めようと思う。
P2010112.jpg



2/4
キノコ寄せ鍋

足りない野菜を補おうと思って、あり合わせの材料で作った寄せなべ。
白菜、人参、豚団子、たら、冷凍保存しておいたムキタケ、ほたてを入れた。
P2040136.jpg



byマス1110
  • Comment:6
  • Trackback:0

豆まき

2/3 今年の豆まきはSONEさんとゆず君が見守る中、小豆をまいた。
豆はお好みで。きなこの年もあるし、小豆の年もある。

升に入れてまくのがいいんだけど。きなこを升に入れたら、関取の清め塩みたいになるのでやめといた。



年の数だけ食べないといけないのが、だんだん苦痛になって来た年とり豆。
夫婦あわあせて100個も食べるのかと思うとますます苦痛に感じて、とても食べきれない。
P2030133.jpg




恵方巻きは山の上で食べた。今年はちょっと豪華にファミマの海鮮恵方巻き。美味い。でも、ちょっと小さかった。
IMGP7948.jpg



恵方巻きのついでに山も登った
西吾妻梵天岩にて。
IMGP7866.jpg






morinoさんの誕生日祝いをしようと思ったのに、クラッカーを忘れて来てしまった。
残念。とても残念だった。

今日の誕生日ケーキは、時節がら全く関係なく「聖夜のフルーツタルト」というケーキ。
各種スパイス入りのアーモンドクリームと赤ワインで煮たドライフルーツがぎっしりの美味しいタルト。

IMGP7921.jpg